人生は白い犬(=尾も白い)

人生をあれこれ楽しんでいます。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

畿内の旅

五月末から六月にかけて、摂津國や和泉國、紀伊國などを旅してきました
そして道中こんなもので胃袋を満たしてきました


大阪

まずは戎橋あたりに行ってみました

P5288807.jpg

そして大阪名物とやらを
P5288798.jpg
P5288799.jpg
P5288802.jpg
食べる前に‘二度漬け禁止’などの説明を受け、そして揚げたてを食します
北関東じゃ、ソースはかけるものであって、漬けるものじゃないね

そして二軒目はコナモノで
P5288820.jpg
P5288826.jpg
二種類をチャレンジ
結局、栃木県北の住民はコナモノがあまり好物ではないようで
店前にTVでヨ~ケ採りあげられることが書かれていましたが~

そして高層階のホテル部屋に戻り就寝です
P5288831.jpg
P5288835.jpg



高野山

二日目は高野山へ

宿坊に泊まります

宿坊の部屋での夕食
P5299004.jpg
P5299008.jpg
P5299007.jpg
P5299009.jpg

P5299002.jpg
P5299011.jpg
P5299010.jpg

P5299017.jpg
P5299026.jpg
P5299015.jpg
P5299028.jpg
P5299016.jpg


ビールを飲みながら食を進めているうちに、天麩羅がやってきました
P5299033.jpg
P5299031.jpg

宿坊とはいえ、お酒も呑めれば、布団も敷いてくれ、朝のお勤めは自由意志なので、下手な旅館よりも快適です

この宿坊の食事はなにかのカキコミランキングで、高野山地区で第三位と後で知りました


宗派は違えど、朝のお勤めに出てみました


お勤め後の部屋での朝食
P5309099.jpg
P5309101.jpg
P5309102.jpg
この日は山地で過ごすのがほとんどなので、朝からしっかりと食べました


奈良県のどこか

十津川沿いに南下したのですが、コンビにも入ってみたい食堂もなく、やっと見つけた道の駅でお弁当を求め、ランチにしました

このあたりの名物の秋刀魚寿司、柿の葉寿司を食べました
P5309163.jpg
P5309162.jpg
P5309164.jpg
P5309165.jpg
P5309166.jpg

めはり寿司も名物ですが、これはパスです

そして「よー行けたな!」と称される某奥社に詣で、世界遺産の大社を詣で、鮪の町として知られるところに宿泊です



那智勝浦町

一旦荷物を宿に置き、船に乗って町に繰り出し、何かのランキングで1位・2位・3位のお店をすべてチェック
一位の店は満席で、二位の店は居心地が?なので、三位の店に入りました
場所が良いのに、空いているのが気になりましたが


鮪尽くしの定食
P5309312.jpg
P5309310.jpg
P5309314.jpg

鮪ゆっけを追加注文
P5309315.jpgP5309307.jpg


食後酒に梅酒飲み比べ
P5309317.jpg


食後の感想は取り立ててなしですわ


移動最終日、名古屋に向かって走りました(not running but by car)


和歌山県のどこか


ランチは海に面した道の駅で
一番人気のしらす丼を食べてみた

P5319441.jpg
P5319444.jpg
このコメントも控えざるを得ない


伊勢

盛り沢山の行程ですが、なんとか閉店前に到着し、食べることができました

P5319496.jpg
P5319498.jpg
P5319501.jpg
ここのカキ氷は急いで食べても頭が痛くならない、不思議だ



先を急いで、名古屋を目指す
高速道路を行くはずが、何故か一般道路を走る
高速道路は工事渋滞なのだ


松坂

P5319577.jpg
P5319572.jpg
P5319573.jpg
P5319574.jpg
ビフカツを頼んだが、すこぶる美味である~
P5319569.jpg
ハンブルグも美味い

しかし~ちと、食い過ぎだ

このたびの旅でも、よ~け食べました
そして印象に残ったのが高野山宿坊での食事と松坂の夕食でした


スポンサーサイト

| 料理 | 13:39 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

生唾ごっくん (^_^;)

梅干しを見た時と同じです、見てて生唾ごっくんです(^_^;)

寿司、刺身、シラス丼・・・後で喉がからからになったでしょう、目張り寿司は造る所によって全く味が違います、「道の駅奥熊野古道ほんぐう」の目張り寿司は毎回食べるよ、他はイマイチでした。

高野山の宿坊はホテルなみですね、一昔前のの宿坊だと敬遠されがちだもんね、けど坊主は高級車で下山して肉食べ放題だもんね、そして女癖悪いよ(これ内緒) 私の方が精進してるかもe-271

| 倉治 | 2013/06/28 15:00 | URL |

食べる楽しみ(^_^;)

倉治さん

食べることも神事ですから、仏事でもあるのかな?v-17
ノドが渇くことがないように気は使います、お金もねv-16

めはり寿司は、あの漬けた高菜が苦手なもんでi-282

過去各地で宿坊(神社のもお寺のも)泊まりましたが、今回のところが一番よかったですねi-178i-233

| quitaviva | 2013/06/28 15:33 | URL |

遅ればせコメント

 quitaはん、ホンマぎょうさん食べはりましたな。

画像で見る限りですが、粉モノが栃木人に会わないのではなく、入った店がアカン店やったように思うのやけどな~(~_~;)
 仕上がり見てても、イマイチ美味しそうでなく、私らが地元や大阪で行く店の物とは全然違うもん。

 赤福氷はきめが細かいからやで~~~e-191
とらや のかき氷も絹引きで頭痛しまへん。

 柿の葉寿司は奈良やな。私、京都人ですがサバ寿司食べられまへん。
 これらも、店によって雲泥の差あり。

 シラス丼は、現在住地の湘南も名物ですが、同じような状況、食す気になりまへん。

 ビフカツは、ソウルフードです!デミグラスかかってる上から、更にウスターソースかけるのが地元的、通の食し方。

 しかし、松坂なら、「和田金」ですわ!
スキ焼どす!
関西はワリシタの茹で煮ではなく、熱い鉄板に牛脂を薄く引いて、砂糖を入れ溶けて飴状(キャラメリゼやな)になった上に肉を置いて焼きますネン。
後は、お醤油と酒のみ。
おいしおすえ~~~~~!

 また、京都においでやすぅ~e-463

| fflorence | 2013/06/29 22:47 | URL | >> EDIT

土地土地の食文化

florence サマ

関西人に何度か連れていかれましたが、元来コナモノが好きではないようですわ、美味い店や評判の店でもタワシにはあいませんわ(・_・;)

カキ氷は日光天然氷のが一番と思っています)^o^(
次が赤福氷かな~ とらやはまだ未知ですわ(o|o)

柿の葉寿司は奈良だけと思ったら、北和歌山のも有名で、なんとかという老舗が橋本市あたりにもあちらこちらにありますね~
ちなみに和歌山県橋本市あたりは柿の名産地なんですね( ^)o(^ )

ビフカツってのがソウルフードって初めて聞きました(@_@。
あれも関西食文化圏なんですね~
はじめて食べたのがミラノかウイーンで日本のはそれ以降の体験ですわ_(_^_)_

和田金は昔行きました、味は覚えていません(・_・;)

関西人と縁があったので関西風のすき焼きをなんどか食べましたが、やはり関東風が木の実ですわ~
ちなみに、栃木ですき焼きと言ったら豚肉なんですよ( ^)o(^ )
今の若い人はどうか知らないけど、我々世代は豚肉なんですわ~
子供のころは牛肉なんか見たことなく、東京土産で買ってきてもらったのを食べたのが最初で、兄弟そろって「乳臭い!」って言い合いました(>_<)

それぞれの土地の文化って必然的にそうなっているんでしょうけど、白い犬(=尾も白い)ですね(@^^)/~~~

| quitaviva | 2013/06/30 15:09 | URL |

粉ものに一言 !

それぞれの好き嫌いは別として、一言申す!e-282

最近の粉ものはむちゃくちゃですよ、本来のお好み焼きやたこ焼きはソースと青のりのみです! その後は鰹節をかけたり、まぁ鰹節はまだ許せる、最悪はマヨネーズですわ、こちとらガギちゃうでv-237 甘くて食えんよ!

都会の流行りの粉もの店より田舎でおばちゃんが焼いてるお好み焼きのほうが美味いね!都会の店は子供用やね!

まぁそれぞれ好きに食えばええんやけどね、けどこの世の中何でもかんでもマヨネーズ・・・勘弁してほしいよ〰 

やはり高野山の精進料理が美味いよe-420e-420e-420

| 倉治 | 2013/07/01 10:38 | URL |

あついね>粉ものに一言 !

倉治さん

あつく語るね!

鯨食べちゃダメ、踊り食いはダメ~、なんて異なる食文化では価値観が違うので、議論が平行線ですが....~

マヨネーズってスペインのマオンと言う島のソースがマジョネサからマヨネーズになったけど、日本はトンカツソース同様独自のマヨネ~ズだね。

もんじゃ、とか、お好み焼きなどは子供の頃遊びで作って食べたことあったけど、長じてはあまり積極的に摂取しないですわ~

食べ方もそれぞれのスタイルがあり、広島風とかなんとか風とかあるけど、それぞれの事情でそうなったのかな?

日本のソースやケチャップ、醤油は、東と西じゃ甘さが違うね~
マヨネ~ズもそうなんでしょうか?

| quitaviva | 2013/07/01 11:00 | URL |

くくく倉治さんがアツイi-230
参りました<m(__)m>

 うん、そやね、マヨは多用はアカンけど、ちょっとはスキかも・・・・(~_~;)

 なるほど、quitaはんは色々チャレンジはしたのね。
そやね、生まれ育った環境で味覚は変わるもんね。

 しかし、京都には葱焼きっちゅーのもあるで(←懲りない)

 私も、東京に出てきたとき、お肉はカレーでも肉じゃがでもブタが主流で、お肉屋さんにはブタコーナーがメインなのにカルチャーショック受けました。

 関西は牛文化ですから、カツっちゅーたらビフカツですねん。
 串カツでも「肉」と注文すると牛が出てきます。

 そして、デミグラスがかかっていようが、カレーだろうが、ウスターソースをかけます。
串カツはドボ漬けにし、添え物のキャベツのざく切りにもウスターで。

 時に竹輪天やトマトなどにもかけますねん(^^ゞ

 マヨは関東と同じですが、カップヌードルとドンべえは出汁が違います。

 しかし、センセ、繊細な味わからへんとか言うておきながら、天喜はんは美味しかったゆーたはりましたやろ!
 分かってはるやないですかぁ~i-234

 また、ご一緒したいもんです。

 倉治はんが言うように、確かに、高野山の白い胡麻豆腐は絶品ですな!
 そうそう、湯葉もよろしe-266

 皆さん、よろしゅうおあがり~e-463

| fflorence | 2013/07/01 21:54 | URL | >> EDIT

借りま〰す <(_ _)>

florenceさん

熱く語りました御免ね、ちょっと右派なもので・・・(^_^;)

本来のマヨ料理は好きだっせ、マヨ文化は関東からだもんね、お好み焼きにマヨは関東から関西に来たからね。

会席膳で牡蠣にマヨ、伊勢海老にマヨ、イカにマヨ、ここの料理人バカじゃないかなぁっと思ったわ、店に火つけたろかなぁって思ったよe-270
他の料理人に聞くと素材が古いからマヨを使うと言ってたよ、けどマヨで日本酒は呑めないよ、饅頭で酒呑んでるみたいですe-350

関西では肉と言えば普通に牛やねe-284

ちなみに関東に行くと必ず真っ黒な出汁のうどんやそばは食べるよ、意外と美味いねe-456

なんやかんや言っても一人だからなぁ~ 一汁一菜ならまだ良い方だわ、一汁か一菜での毎日粗食・・・美味いもの食いたいよ〰e-350 正直チンしての一品が多いわ (>_<)

| 倉治 | 2013/07/02 07:26 | URL |

育ったところ~

florenceさん

西と東とではそれぞれの事情がね~
我々のところは保存文化圏で、四国の高知の人や九州の福岡の人と話していたら、保存の考えがないって人が居た~
食材を長く食べるため漬けたりするけど、西の人はそのまますぐ食べるって言っていた~
京都もある意味保存食文化圏が昔から発達していて、鯖街道ってのがありますし、ぼう鱈ってのも北海道の人に言わせたら仰天だったですわ~

葱焼きは大阪の十三に美味しいところを偶然見つけました、ここはリピートしてもいいけどね~
娘も偶然同じところで食べたと聞いたけど、半分和歌山の血が入っているから、栃木の味覚は??らしい~

ウスターシャーソースは外国にもあるけど、とんかつソースがないので長期滞在するときには事前に作り方を覚えるか、日本から持参屋根~

テンプラにソースってのも我が文化圏にありました~
母はトマトにとんかつソースでした~

湯葉の生産量は栃木県が二番目だったか~
東照宮作るとき宮大工が流れてきてその食文化が栃木に居座ったとか~
しかし二枚と一枚の違いがあり、日光の湯葉店では京都とのその違いを楽しそうに説明しています~

| quitaviva | 2013/07/02 10:43 | URL |

Re: 借りま〰す <(_ _)>

倉治さん

ケチャップが西で甘いように、マヨンも東と違い、西は甘いんじゃ内科医~?
私の常備品はアメリカのものですが、これ使ったら、キューpとか○の素なんか使いたくなくなるわ~
今度お土産に持っていくかい?
タワシは米国のマヨンにケチャップと、辛味をいれてオーロラソースで食べることがあり、これはいいですよ!
レシピ教えまっか?
それに古くなったマヨは炒め物にええわ~(これって常識だっけ?)

娘は和歌山とのハーフだけど、味覚は大方和歌山ですわ~
でも珍味などは栃木ですわ、日本人が敬遠する個性のあるチーズなどは娘の母親が敬遠してもタワシと一緒に美味しく食べましたよ~

料理、調理に時間をかけるってのは頭の体操でっせ~
これとこれを足したらこうなるんじゃないかってね~
食べるものに手や足を抜いたらいかんぜよ~
娘の母親も美食家だけど、繊細故に繊細な味が得意ですわ~

娘は今頃ポルトガル料理と菓子三昧ですわ~
そして酒もオヤジ似で強いわ~

| quitaviva | 2013/07/02 10:51 | URL |

こんばんわ^^この時間に食べ物たくさんみて、お腹がなぜかすいてきましたw先週、私も名古屋方面におり、松坂の方にいたけれど、こういう美味しいお店もあるのですね^^高野山のお食事、すごいなぁ~となりつつ、お勤めご苦労様でした^^粉物食べたいすっw

| gilbert | 2013/07/03 21:43 | URL |

健啖家でいたい~

Gilbertさん

体重増減が簡単にできていましたが、歳のせいか、基礎代謝の変化のせいか、昔のように思う存分体重調整ができなくなりました。
理屈は分かっていても、なんだかね~となってしまいます~
これから暑くなると何故か地中海料理を作りがち、たくさん作っても独り宴会ですから、当然冷凍庫ストックが増えていきます~
栃木県北部遠征の折には御ツレsummerとお立ち寄りください~

ほな~

| quitaviva | 2013/07/04 10:40 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://quitaviva.blog.fc2.com/tb.php/95-b40e1549

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。