人生は白い犬(=尾も白い)

人生をあれこれ楽しんでいます。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

三つの都都古別神社@福島県-その3

石都々古和氣神社(いわつつこわけじんじゃ)

ある休日、棚倉町を通り越して、石川町に行った。

カーナビを社務所の電話番号にセットして出かけたら、いきなり山頂にある神社境内に着いてしまった
境内の手入れをしていたご夫人に車で乗りつけた非礼を述べ、車を置かせてもらい、参道を町まで下り、改めて、一の鳥居から参道を登った

P4126577.jpg
神社を背にして、今出川の向こうに岸にモニュメントのようなものが見えたので、そこから始めることに。
今出川を渡って神社に向かうとなると、川は禊の場なのかと想像したが、神社に向かって左側の石碑を見ると、そうではないのではと思った。

P4126578.jpg
三芦城跡とある。
調べると、石川氏の祖・源有光が築城した山城の本丸跡が、これから行く石都々古和氣神社である。

橋を渡る。

P4126579.jpg

この町は、八幡太郎義家伝説の母畑(ぼばた)温泉、和泉式部生誕伝説の猫啼(ねこなき)温泉、湯治場として評判の塩ノ沢温泉、今出川沿いにある一軒宿・片倉温泉の4つからなる温泉郷でも知られているという。

折から、今出川沿いには見頃を向かえた桜が綺麗であった。

P4126575.jpg

P4126582.jpg
P4126571.jpg
P4126581.jpg

前回採りあげた棚倉町にある神社同様、陸奥一の宮である。
そして自由民権運動発祥の地という石碑がある。

P4126585.jpg
そして社務所に行くと~
自由民権運動家の家であった

さて参道に戻り、境内図を眺める

P4126569.jpg

見あげるとBreathtakingな階段である

P4126586.jpg
P4126566.jpg

P4126564.jpg
P4126587.jpg
二の鳥居を過ぎると最初に出てくるのが天狗岩である

巨石がいたるところにあり、磐境(いわさか、いわくら)と考えられている。
これは磐座(いわさか)と同様な意味合いと考えて良いだろうが、簡単に言えば、古神道における岩に対する信仰あるいは信仰の対象となる岩である。
後に仏教の影響もあって、神が常駐するとされる神殿(仏教における寺院、お堂)の普及によって、信仰の対象は岩から離れ、今日、盤座の存在が忘れ去れていることもあるだろう。


次に亀石~
P4126588.jpg

そして屏風岩~
P4126589.jpg

石門
P4126590.jpg
巨石の間を行くことになり、鳥居のような意味合いなのだろうか

オリエント起源なのか、古来、狭いところを通過して清めるという行為があった。
凱旋門はその例と言えよう。

石門を通過すると、左に神籬(ひもろぎ)岩がある。
神籬とは、臨時に神を向かえる依り代となるものであり、社殿以外で祭を行う場所である。
P4126556.jpg
P4126558.jpg

そして右側に船形岩~
P4126555.jpg
これは形状からその名があるのだろう。

勾玉岩
P4126549.jpg

樹齢約160年と言う天龍桜なるものがあった
P4126548.jpg
P4126551.jpg

ここから最後の階段を登り、拝殿に出る

P4126552.jpg
P4126547.jpg

御祭神は前回採りあげた神社と同じ、味鉏高彦根之命(あじすきたかひこねのみこと)、配祀に誉田別命と大國主を祀る
式内社である

P4126546.jpg

本殿
P4126542.jpg
P4126543.jpg
P4126534.jpg

P4126536.jpg
古くからの山岳信仰の聖地、例の少ない祭祀遺跡(さいしいせき)の跡地という。

社殿左手に3つの境内社。祖霊社、多賀神社、諏訪神社。
P4126541.jpg
P4126538.jpg

右手には石の五重塔と御神木高野槙、額殿・御輿殿がある。
P4126545.jpg
P4126535.jpg

額殿・御輿殿のさらに奥手には城跡であったことを記す石柱があった。
P4126533.jpg

石都々古和氣神社の御朱印
P4142203.jpg
御朱印をいただいた後、御神職に陸羽一の宮が複数存在する理由を尋ねたが、不明とのことであった

八槻都都古別神社(右)と馬場都都古別神社(左)の御朱印
P4142198.jpg

結局、三社巡っても同名の神社の存在理由、複数の一の宮の理由も明らかに出来なかった

が、ツツコというのが、俵を意味する言葉であることを教えてもらった。
石がイシッコと転訛するから、筒がツツッコ、そしてツツコなのかと、自己消化し、俵⇒農業⇒農業の神様鎮座、ということで無理やり結論付けてしまう

スポンサーサイト

| 神社 | 16:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いわくら~

いわくらが出ましたね、身近に感じるわe-420e-420e-420
仕事で地元の丹生都比売神社の近くを頻繁に通るのですが私の知識が乏しいので詳しくは書けない、だけど調べると凄いらしいですe-451
調べて奥に進んで行くと新しい発見に出会います、近くの神様も凄いですねe-329
知った時の喜びは最高です e-349
しかしquitaさんの知識は素晴らしいe-271

| 倉治 | 2013/04/29 19:16 | URL |

北関東以北

 おこんばんわe-322
 
 しかし、明治の政策で日本の神社はかなり消えたとはいえ、色々おますなぁ~e-214

 京都人、なかなか関東より北側は行くことが少なく、こういうの見ると、海外で教会廻ってる場合ちゃうやんか!と思いますなあe-225

 ほんで、お蛇様(関西では、みーさん(巳)といいます)といえば、そう!奈良の三輪神社ですわ。
 みーさんの好物っちゅーことで、お供えは卵ですねんe-372
 三輪山、好きで何回も行きます。
 蝶ハイクオリティの御神水、貰い放題やし(*^^)v
 大鳥居の駐車場の側に美味しい、三輪そうめん出す店もありますe-231

| florence | 2013/04/29 23:19 | URL | >> EDIT

いわくら、いわさか

倉治さま

奥の院など訪問していると、社殿という形が出来る以前の‘いわくら’や‘いわさか’と思われる痕跡を見つけることができます。
そのような場で祝詞を奏上すると、思ったよりも越えの響きが良いことに気づいて驚いたこともありますよ。
概して、巨石あるいは大き目の石なので、ピクニックのお弁当の場と化しているのもありますね~

| quita | 2013/05/01 09:53 | URL |

政治と宗教~

florenceさま

仏教が国教になってから‘神道は仏教にならえ’と言うことがありました。
そして明治政府は今度は‘神仏分離例’を布告し、いろいろとややこしいことになりましたね。
これが現代にも尾を引いているんですね~

| quita | 2013/05/01 09:58 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://quitaviva.blog.fc2.com/tb.php/89-001957c0

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。