人生は白い犬(=尾も白い)

人生をあれこれ楽しんでいます。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

三つの都都古別神社@福島県-その2

‘八槻都都古別神社’(やつきつつこわけじんじゃ)で町の北側に別の都都古別神社の存在を知り、帰路訪れることに

まずは棚倉町に行ってみた

時の鐘
P3220185.jpg
川越市との友好都市関係から川越市にある時の鐘をポケットパークとして整備した。
川越市との関係は、棚倉藩15代城主松平康英が川越に国替されたことに由来するようだ。

P4126631.jpg
P3220177.jpg
P3220182.jpg
P4126632.jpg
説明書きを読むと、ここに近津(ちかつ)神社があり、それをこれから行く現在の都古別神社に移したという。
そしてまだ行ったことはないが、別に3つの近津神社が現存しているらしい。

久慈川沿いには、これから述べる馬場都都古別神社(上之宮)、八槻都都古別神社(中之宮)と近津神社(下之宮)があり、それらを合わせて近津三社と言われる。
近津神社は久慈川沿いのとは別に、さらに八溝川沿いに上之宮近津神社と町付近津神社があり、この区分だと久慈川沿いのは下野宮近津神社の3つとなる。
このことが分かったので、いつか、3つの近津神社巡りをしなければいけないなと思いついた

一の鳥居
P9290452.jpg
一の鳥居を通らないで、わき道から来てしまった

P3220161.jpg
二度目の訪問であるが、滑らないように気をつけながら階段を登り、二の鳥居をくぐる
P9290433.jpg
P9290434.jpg
旧國幣中社であったが、現在では「國幣中社」も文字が消されている。

P9290436.jpg

P9290435.jpg
随神門である

P9290439.jpg
P9290438.jpg
「陸奥国一宮」ある
前回採りあげた八槻都都古別神社は「奥州一宮」とあり、棚倉町の北側と南側に一の宮、そして旧國幣中社が存在する
さらに次回採りあげる、隣町にある神社も「陸奥国一宮」を名乗る

この件で、石川町の石(いわ)都々古和氣神社の宮司に尋ねると「分からない」との答えであった。

良く参考にする神社ブログ「玄松子の記憶」を引用させていただくと、次の記述がある

「明治6年に、馬場の都都古別神社が國幣中社に列せられた時、当社(筆者注:八槻都都古別神社)こそが、式内社であり、奥州一宮で、國幣中社に相応しいとの論争が起こり、その結果、両社並立という措置によって、当社(筆者注:八槻都都古別神社)も明治18年國幣中社となった。」

すると石川町の一の宮とは何だろうか

P9290440.jpg
三の鳥居をくぐる。

P9290441.jpg
拝殿である

P9290449.jpg
P9290442.jpg
「都々古和氣神社」と書いてあるようだが、延喜式神名帳には「都都古和気神社」と記載がある。
「別(わけ)」となったのは明治時代になってからと言う。

御祭神は同じく、味耜高彦根命(アヂスキタカヒコネあるいはアヂシキタカヒコネ)であり、配祀として日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が合祀されている。

P3220156.jpg
P3220157.jpg
P3220159.jpg
P3220160.jpg
本殿である

そして本殿裏手に東照宮がある

P3220158.jpg
初回訪問時は東照宮まで足を向けたが、今回は嫌な予感がしたためか、摂末社(せつまつしゃ)、つまり、その境内または神社の附近の境外にある小規模な神社には足を向けることが出来なかった


そして予感は的中し
拝殿前で振り返ると、遭遇してしまいました

P9290450.jpg

御祭神によっては神様の御使い、または神様の仮の御姿などになるのですが、草深いこの神社では単に蛇ゆえに驚いた次第です

3つ目の都都古別神社に続く


スポンサーサイト

| 社寺 | 13:54 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

流石ですね

何気なく行ってる神社でもそれぞれの昔からの由来や謂れを良く勉強して訪れるとその楽しさが数倍に脹れあがる、まさに実感しましたe-351
どんな事でも少しの知識でも持って訪れるようにするのが原点ですねe-390
お寺や神社に行ってからネットで調べるより行く前に調べとくほうが絶対に楽しいですよねe-461

| 倉治 | 2013/04/20 20:09 | URL |

ほんとに、こんな所で何かにあったらびっくりですね。
蛇さんは神様の御使いかもね〜e-454

| メグラン | 2013/04/21 09:09 | URL |

実地検証)^o^(

倉治さん

栃木県の方言で、ジッチはお年寄り男性の尊称であり蔑称ですが、私もジッチですので、ジッチが実地検証して、現場で考察したり、他の神社と比較して考えたり、書物やネットなどで考え、それで思いついたことを書いて公表しています。

大学1年生の時には「比較宗教学」ってのがあって、その知識も肥やしになっているかも(@^^)/~~~

| quitaviva | 2013/04/21 16:39 | URL |

メッセンジャ~=アンゲロス=天使

メグランさん

本文で触れたけど、ご祭神からしてここの蛇は御使い(アンゲロス)ではないと考えています~

奈良県の大神神社のお使いは御蛇様ですよ~

蛇に神様がお姿を変えて、お妃のところに夜な夜な通い、ある時、お妃が「姿を見たい」といい、神様が「見ても驚くではない」と答えたけど、結果、見てしまい、蛇のお姿に驚き、二度と目の前に現れなかった(・_・;)

この神社と神様の名前、出典を述べよ)^o^(

神社検定に出ますよ(@^^)/~~~

| quitaviva | 2013/04/21 16:45 | URL |

へび

↑↑↑
このときのへびって、どこに入ってたんだっけ?硯箱だっけ?
箸墓古墳の、だよね?

しかし、ヘビ、苦手だもんねぇw

| ふみか | 2013/04/26 00:41 | URL | >> EDIT

良く知っているね~

ふみかサン

硯箱という説もありますね。

奈良県桜井市の大神神社ですね。
だから三輪山がご神体だけど、2時間かけて登る際に蛇に出会ったら幸運と思えるけど、トカゲしか遭遇しませんでした。

| quita | 2013/04/26 10:07 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://quitaviva.blog.fc2.com/tb.php/88-07ead91e

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。