人生は白い犬(=尾も白い)

人生をあれこれ楽しんでいます。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

三つの都都古別神社@福島県-その1

久々に神社を採りあげてみよう。

地図を眺めていたら、都都古別神社(つつこわけじんじゃ)という名が目に付いた。
隣県の棚倉町南郊にある
早速、行ってみた

棚倉という地名は、白河の関跡に行くおり、何度も道標で見たことがあるが行ったことが無い。
初回訪問の当時はカーナビがなく、道路地図と方向感覚が頼りの移動である


伊王野から白河の関跡は東山道であるが、伊王野の北から60号線を行く。
道が細く、時おり心細くなるが、県境の戸中峠を過ぎると道幅も概ね広くなる。
八溝山の道標があり、八溝山系北部を通ることになる。

60号線から国道118号線バイパスに出ると、交通量も多くなる。
棚倉の町を左に眺めながら、旧棚倉街道を南下する。
棚倉街道は常陸国水戸城下から磐城国棚倉に至る街道で、棚倉は往時から交通の要衝として栄えたようだ。

さてPC上で移動の目安をシミレーションしておいたが、家からほぼ46キロであった。

駐車場に車を置いて、早速境内に入る。

P9290402.jpg
P9290403.jpg
旧國幣中社である。
國幣中社とは、延喜式にならって明治維新以降に新たに定められた近代社格制度であるが、戦後廃止されている。

P9290408.jpg
由緒から『延喜式神名帳』(10世紀)に「都都古和気神社」として記載されている神社であり、通称‘式内社’と言われる古くからの神社であることがわかる。
ちなみに『延喜式神名帳』によると、国幣社は国司より奉幣を受ける神社である

そして御祭神は、味耜高彦根命(アヂスキタカヒコネあるいはアヂシキタカヒコネ)、配神として日本武尊が合祀されている。 
『古事記』では、阿遅鉏高日子根神、阿遅志貴高日子根神、阿治志貴高日子根神などとも表され、『出雲の国風土記』にも名がある。
父神は大国主命(オオクニヌシノミコト)で母神は『古事記』では多紀理毘売命、『日本書紀』では田心姫(たごりひめ)・田霧姫であり、宗像三女神の一柱である。
農業の神であるが、雷の神とも不動産業の神ともされる。


P3220176.jpg
駐車場にある案内板であるが、御田植が国指定重要無形民俗文化財になっている。

P9290431.jpg
立派な水盤である。

P9290410.jpg

P3220164.jpg
P9290412.jpg
随神門には「奥州一宮」とある。

P9290413.jpg
幣饌料を賜っていることがわかる。
幣饌料とは、「幣帛料」(神々に対する報賽や祈願などのために奉られるもの)と神饌にあてるための「神饌料」を両方あわせたものである。
このことから、近代社格制度が廃された後の現代の神社区分による別表神社に区分されていることが推測でき、帰宅して調べると正にそのとおりであった。

P9290426.jpg
拝殿側から見た随神門

P9290415.jpg
拝殿

P9290416.jpg
P9290417.jpg
「都々古和気」とあるが、「都都古別神社」の表記は明治以降であるようだ。


P3220171.jpg
本殿側面

P3220174.jpg
本殿裏側

P3220170.jpg
本殿

P3220175.jpg
本殿の装飾

P9290427.jpg
拝殿部分

ここから車に戻る前に鳥居脇の社務所により、御朱印帳に記帳してもらう。
神職は姉妹である。
一之宮の所在地が一つの国に複数あることがあるので、その理由を尋ねてみた。
「時代により一之宮が異なるのでは」との的を得た答えがきた。
なにしろ棚倉町の北側にももうひとつ‘都都古別神社’があるのだ。


P9290407.jpg
二つを区別するため、この知にあるのは‘八槻都都古別神社’(やつきつつこわけじんじゃ)と称している。

P9290405.jpg

P9290404.jpg

P9290406.jpg
それではこれから陸奥一の宮の馬場都都古氣神社に行ってみよう。
スポンサーサイト

| 神社 | 14:04 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

行った気分 !(^^)!

最近は忙しさゆえ写真の撮る数も減ってきましたe-443

けれどお金儲けの関係の現場写真が増えたのが何よりだね、本音は超望遠の世界の方が良いんだけど・・・ これは収入とは無縁だわe-281

落ち着けば寺や神社に行ってみたいね、今はプログを見て行った気分で満喫です ヽ(^。^)ノ

| 倉治 | 2013/04/05 20:21 | URL |

行かんとね(@^^)/~~~

倉治さん

忙しい時こそ遊ばナイトv-8
遊びに後回しはダメよv-17

社寺には癒しスポットもあるけど、そうじゃないのもあるので氣を付けていかないとね)^o^(

| quitaviva | 2013/04/06 16:03 | URL |

おっ!
ここの神社さん、なんだか惹かれる〜v-10
日本武尊をお祀りしてあるとこは初めて聞きました〜v-218

| メグラン | 2013/04/06 19:24 | URL |

惹かれる(@_@。

メグランさん

惹かれましたかv-8
写真撮りに夢中になっていたら、水戸街道を爆走する車に轢かれそうになったりして。
Butこの続きの神社は~v-12なんですよ~v-40
それでも読みたい(@_@;)書きたい(>_<)

こっちでは至る所、神話で日本武尊が出てくるところあちらこちらに武尊を祀る神社がありますよe-310

| quitaviva | 2013/04/07 15:20 | URL |

世の中、知らない神社がたくさんあるものだなぁ~と思いつつ、なんだかとても神々しいかも。。こういう建物を見ると、やっぱり神様ているんだなぁ~と実感していました。。

| gilbert | 2013/04/08 21:07 | URL |

神社の数

gilbertさん

神職研修座学のときに神社の数は8万超と教わりました。
しかし把握していない社も入れると20万とも30万とも言われます。
個人が屋敷神を祀るために設けた社も入れると、まさに無数ですね。
ちなみに座学仕上げ試験対策では、神社の多い県の名前を1から10まで暗記しました。
米どころの県には神社数が多いですね。
その中で、式内社でも朽ちつある社、荒廃している社など、荒れ寺という単語に置き換えると荒れ社(やしろ)も増えていますね。

| quitaviva | 2013/04/09 10:01 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://quitaviva.blog.fc2.com/tb.php/87-8b794c13

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。