人生は白い犬(=尾も白い)

人生をあれこれ楽しんでいます。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

武蔵国一ノ宮巡り―その1

大國魂神社

武蔵国一ノ宮と思っていた。
しかしそうではなかった。

東京都府中市にあるが、府中には国府が置かれていたことから、国司が最初に詣でるのが府中にある大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)であると思っていたからだ。

国司(こくし又はくにのつかさ)は国(地方行政単位)の行政担当官として中央政府から派遣される官吏であり、言わば、県知事に相当するのだろうか。
また、一宮(一ノ宮、一之宮)とは、その国で最も格式の高い神社で、国司がその国の神社を巡拝する際、最初に詣でる社である。
ちなみに、二宮(二ノ宮)は二番目、三宮(三ノ宮)は三番目といったぐあいであり、それが地名になっている所もある。

武蔵国(むさしのくに)とは、現在の埼玉県や東京都、神奈川県に至っており、西に鎌倉のある相模国や甲斐国、信濃国、北に上野国、東に下総国に接している。



6月末日、新宿駅から京王線に乗り、府中駅まで出かけた。
大國魂神社は二度目の訪問だ。

駅南口からしばし歩くと、欅並木がある。
その並木道を歩くと、神社に行き当たる。
P6300148.jpg

P6300151.jpg

P6300147.jpg

P6300152.jpg

見事な彫刻のある手水舎である。
彫刻は、火伏せのため、定石通り、龍が彫られている。
身を清めてから拝殿に向かう。
P6300155.jpg

P6300157.jpg


P6300194.jpg

P6300160.jpg

夏越の大祓を控えているため、茅の輪潜りの飾りがあった。
P6300164.jpg
茅の輪は、左⇒右⇒左といった具合に、左から右へと移動するのが作法である。
ちなみに、神具の祓い串も左から右へと動かしてお祓いを行う。

拝殿
P6300166.jpg

P6300167.jpg

P6300171.jpg

祭神は大國魂大神(おおくにたまのおおかみ)。
大國魂大神は國津神の代表的存在、大国主命(大黒様)と同神とされる。

ここで、この神社は、武蔵国の総社で六社を合祀していることを知る。
浅学でした(T_T)

六社とは、一之宮に東京都多摩市にある小野神社、東京都あきる野市の二宮神社(二之宮)、埼玉県さいたま市大宮区の氷川神社(三之宮)、埼玉県秩父市の秩父神社(四之宮)、埼玉県児玉郡神川町の金鑚神社(五之宮)、神奈川県横浜市緑区の杉山神社(六之宮)であるらしい。

ここで総社または惣社(そうじゃ、そうしゃ、すべやしろ)が何だか良く分からず、さらに調べる。
どうやら、律令国時代、特定地域内の神社の祭神の合祀あるいは神社そのものの統合のようである。


本殿
P6300176.jpg

P6300177.jpg

本殿裏手
P6300180.jpg

P6300186.jpg

そして御神木がある。

P6300193.jpg

最初訪れた時、御神木に抱きついている人々がおり、何をしているのかいぶかった。
その時はシックスセンスに開眼してなかったためか、何も感じなかった。
が、今回は御神木から発されるのだろうか、何か強いエネルギーを感じ、手のひらがピリピリとしてしまった。
電磁波が出ているわけではなく、そうだとしたら電磁波感知器でも向けてみるのだがと、余計なことも考えてしまう。

ここで社務所に行ってみた。

P6300173.jpg

ご朱印帳をはじめて買った。

神社資料は、御由緒書きを集めていたが、3.11の被災で資料が散乱したことから、ご朱印として記録するのも手かなと思った次第だ。
大國魂神社で得たご朱印帳の裏面には「全国総社会」と記されており、付録(?)の諸国総社一覧には68の社が在ることを知った。
全国一之宮御朱印帳の存在は知っていたが、全国総社会というのは知らなかった(浅学~!(´;ω;`)


近頃の神社巡りはスマホが利用できて、その場で、色々と調べることができるのがありがたい。


武蔵国一ノ宮でヒットした小野神社が府中駅より3つ先の京王線聖蹟桜ヶ丘駅から徒歩数分のところにあるということで、予定を変更して行ってみた。




小野神社

南側入口南門
P6300197.jpg

P6300198.jpg

西正面
P6300199.jpg
「武蔵一之宮」とあり、『延喜式神名帳』に記載されている式内社である。
なお、延喜式神名帳とは、延長5年(927年)にまとめられた『延喜式』の巻九・十で、当時「官社」とされていた、全国の神社一覧である。

隋神門
P6300218.jpg

P6300219.jpg

P6300202.jpg

祭神
P6300201.jpg
天津神、國津神、がそれぞれ数柱祀られている。

大祓詞に登場する登場する瀬織津姫(せおりつひめ)も祀られている。
祓戸四柱の大神の一柱で、大祓詞では最後の方に次のように登場する。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
さくなだりに おちたぎつ はやかはのせにます せおりつひめといふかみ
佐久那太理爾    落多岐都   速川乃瀬爾坐須    瀬織津比賣登云布神
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

なにしろ、諸々の罪や穢れを最初に引き受け、大海原に持ち出し、次に控える二番手・速開都比賣(はやあきつひめ)にリレーしてくれる頼もしい神様の一番手として、個人的には頼もしい存在に感じている。

拝殿
P6300211.jpg

P6300206.jpg

P6300207.jpg

P6300210.jpg

本殿
P6300209.jpg

駅から木々の茂る杜を目指して歩いたが、境内に入ると、木々の密度が少なく、木(気)のパワ~があまり感じられなかったキがする。

P6300212.jpg


スマホで検索ヒットした武蔵国一宮が、さいたま市にもう二つ在ることを知ったので、後日そちらに出かけてみた。


~続く~
スポンサーサイト

| 神社 | 14:50 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。
毎日、暑いですか?こちらは雨に祟られています。
たくさん、神社さんに行かれたようですね。手水舎の龍は見事ですね。まるで今にも動き出しそうですね。そして、瀬織津姫さまにもお会いできたようですね。最近、お水の神様におよばれしちゃってるのではv-362

| メグラン | 2012/08/14 22:12 | URL |

一ノ宮の謎(・・?

メグランさん
一ノ宮の謎にはまりました。
今日は往復100キロほど走って(by my car, not running)県庁所在地の宇都宮市にある二荒山神社に行ってきました。
下野の一ノ宮なんですが、日光二荒山神社も一ノ宮~
そして祭神が異なります~
Why~?

更に追求テ~マが生じました~(メ・ん・)?

| quita | 2012/08/15 17:22 | URL |

立派です

立派と言っても建造物です、ともかく職業柄でしょうか建物に目が行ってしまいますe-317
建て替えて新しいのも有りますね、そして彫刻も凄いの一言ですe-451

| 倉治 | 2012/08/18 12:56 | URL |

府中の方は、滅多にいくことがないけれども、同じ東京とは思えないくらい、いろいろと神社があるんだなぁ~とここで初めて知りました。建物1つ、神社の意味ひとつひとつに、深い意味があるのですね^^

| gilbert | 2012/08/19 12:13 | URL |

立派なのとそうじゃない

倉治さん

参拝客がたくさんの所、ビジネスとして成功している神社など、経済的に困窮していないところを、今のところとりあげています。しかし式内社であっても、宮司不在、参拝客ほとんど来ない、氏子の支援無い神社では、建物も壊れ、その修復費用もままならぬところを多数見ています。そのようなところの建造物、奉納絵馬など、朽ちる一報の社を多数見ていて、なんとかしなくては、と思うだけで、手をこまねて眺めているだけの自分が情けないと思います。

| quita | 2012/08/20 10:33 | URL |

国府

Gilbertさん

居住地そして仕事のあるところを統括する神社、鎮守などは、必ずご挨拶に行くものと教えられています。
国府があった府中ですから、是非是非いちどお出かけください~
神社とその周辺散策も色々な発見がありますよ~

| quita | 2012/08/20 10:35 | URL |

こんばんはヽ(^。^)丿
熱中症みたくなったとか~ 体調は如何ですか。

御朱印は、お寺だけでなく神社でもしてくれるのですか。
知りませんでした。
また一つ知る事が出来ました(*^_^*)
ありがとう

| mum | 2012/08/20 22:58 | URL |

御朱印帳

mumさん

歳のせいか、暑さにこたえます。
そして極暑のサイタマと涼しいトチギとのギャップも身体にこたえているみたい。

御朱印帳は社寺に写経などを収めた時の受付だったようです。
今でもお寺によっては、写経しないと朱印がいただけないところがあるとか。
スタンプラリーとは意味が違い、仏壇や神棚においている人もいるとか~

mumさんも何かの記念で始められたら?
社寺混合でも神仏習合だから委員蛇内科医~

| quita | 2012/08/21 10:06 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://quitaviva.blog.fc2.com/tb.php/58-a80792e9

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。