人生は白い犬(=尾も白い)

人生をあれこれ楽しんでいます。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

伊勢路の旅-その4 天岩戸神社へ

天岩戸神社

滞在先のホテルで天岩戸神社の存在を知る。
スマホで検索して、面白そうと判断し、訪問箇所を追加する。

ホテルからおよそ17キロ、40分ほどのドライブ行程だ。

駐車場に車を止め、後は徒歩で奥に進む。

駐車場近くにある看板
P6170302.jpg

天岩戸信仰は日本各地で盛んであり、天岩戸神社は各地に見られる。
そしてここは日本名水百選の一つであることを知る。

参道
P6170303.jpg

参道脇の景色
P6170306.jpg

三の鳥居
P6170307.jpg

伊勢道路から小さな道に入ったところに一の鳥居、さらに進んで二の鳥居を車で通過したので、これが三の鳥居と思われる。

P6170310.jpg

このあたり一帯を高天原と呼んでいるという。
高天原信仰も日本各地で盛んなようだ。

禊瀧
P6170316.jpg
P6170312.jpg
3mほどであろうか、禊するには適した瀧であるが、とても冷たい。

P6170317.jpg


瀧の上には拝殿や社殿がある。

登ってみると、手水舎に相当するものはなく、湧き水を使って手水とした。

P6170319.jpg
P6170322.jpg
P6170324.jpg


ここが天岩戸なのか、と思いつつ冷たい冷水に舌鼓を打つ。
さすがに日本名水百選の一つだ。

そして右側山手を眺めると、三つの祠を納めた屋根付きの社がある。

P6170320.jpg
P6170318.jpg

P6170321.jpg

社から見あげると崖状の斜面があり、簡単には登れそうもない。

大祓詞を奏上した後、さらに山奥に入る。


P6170325.jpg
15分行程で風穴に至るという。

P6170326.jpg
山道を歩くと、プリミティブなスタイルの鳥居が目に入る。

そしてさらに登る。

P6170327.jpg
この鳥居はどこに至るためのものか、全く分からない。
鳥居の奥には道がないのだから。
推し量ると、鳥居奥は先ほどの社の上にあたるのだろう。

さらに進む。

P6170328.jpg

前日の雨で道は水分を吸っており、そしてとても蒸し暑い。

やっと風穴が見えてきた。

P6170332.jpg

P6170330.jpg
賽銭箱があり、注連縄もあるので、崇敬の対象である。

近づくと、ゴ~っという風音がし、そしてとても涼しい。
まさに天然のクーラーである。

人が入るには小さいが、向こう側には何があるのか、そしてどこに繋がっているのか想像すると、エンドレスな光景が頭をよぎる。

昔の人は、この風穴を不思議な穴、高天原に通じる穴とでも思ったのかもしれない。
そして穴がふさがれていないということは、天の岩戸が開き、繁栄に繋がっていると信じたかもしれない。





我が町の隣町近くにも天岩戸信仰があり、天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)をご祭神とする岩戸別(いわとわけ)神社がある。

岩戸別神社@塩谷町船生
p1010254.jpg

p1010255.jpg

8月15日の巨大な餅つき大会
p1010269.jpg

p1010268.jpg

p1010267.jpg

p1010260.jpg
本殿裏手には舟の浅浮き彫りがある。
現在は太陽光線が直接当らないので陰影が分からないが、陰影を含めて舟を眺めると、素晴らしい光景になるだろう。

栃木県北部の山奥というか、日光北街道近くであるが、船の名が付く地名、そして舟の浅浮き彫り~
頭の中に仕舞い込んだ様々な知識を何とかつなぎ合わせて、納得いく説明ができないものかと、悩むことにもなる。

~皇大神宮別宮 伊雑宮(いざわのみや)に続く~
スポンサーサイト

| 神社 | 14:13 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

伊勢だ~ Ⅳ

いやはや、同じ紀伊半島に住みながら行って無い所ばかりです、見て毎回関心してます、ほんでもってガイド本より面白い。
和歌山からでも恒例のお伊勢参りが有るのですが、田舎だけの行事のようです、まぁ農繁期が終わって一段落して旅行がてら行くのでしょうv-234

| 倉治 | 2012/07/21 13:57 | URL |

日本各地

倉治さん
白い犬ですか~?

ハゲ見になります!

日本各地それぞれの文化があり、言語は共通になっても、異文化ってものはあっちコッチにありますね~

次回は続っぽい所も紹介しますね~

| quita | 2012/07/21 14:36 | URL |

高千穂の天岩戸神社とはだいぶ雰囲気が違いますねe-420
こちらはとても凛とした感じですねe-348高千穂の方は、もう少し、柔らかい感じかなとおもいましたe-343
私も行きたいな。。

| メグラン | 2012/07/21 20:24 | URL |

神社に地名、確かに不思議だなぁ~と思いつつ、日光北街道のほうというところに、なにかしらヒントがあるような気がしています。。(思いっきり推測ですが)
それにしても、いつも思うのですが、山の中腹に鳥居とかをつくるのて、大変だろうなぁ~と妙なところで感心してしまいます。。

| gilbert | 2012/07/21 21:24 | URL |

それぞれ各地で融合かな

メグランさん
土地々々でそれぞれ独自の解釈しているようですが、ここのはユニークな気がしました。
岩はイワクラ信仰だったり、岩戸別信仰だったり、土地それぞれなんでしょうね~

| quita | 2012/07/22 12:43 | URL |

なぜそこに^?

Gilbertさん

日光北街道ですが、近年船生にはバイパスが出来たため、町はひっそりとしています。
岩戸別神社は日光北街道から更に山の方に入るのですが、久しく行っていません。
しかし何でそこにあるんだんべ~、資材運ぶの大変だったんだんべ~、などと考えたりして、また調べに行きたくなりました。
昨年、出羽三山の月山に登りましたが、強力さんが健在でした!

| quita | 2012/07/22 12:47 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://quitaviva.blog.fc2.com/tb.php/55-249fd0fe

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。