人生は白い犬(=尾も白い)

人生をあれこれ楽しんでいます。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

伊勢路の旅-その1

6月中旬、伊勢を訪れた。

前回は2010年3月中旬だったので、二年ぶり、二度目の訪問である。
前回は青春18切符を使って早朝に家を出て午後遅くの到だったが、今回は9時前の新幹線で名古屋に向かい、近鉄特急でお弁当を食べながら、関東とは違う車窓の景色を楽しみながら、宇治山田駅に到着した。

P6150004.jpg

ホテルに荷物を置いて、まずは豊受大神宮、通称、外宮に。


P6150028.jpg

P6150033.jpg

御正殿の壁
P6150039.jpg

P6150046.jpg
御正殿入口
P6150044.jpg

御正殿入口前には'三石’がある。
P6150056.jpg
焚き火に当たるように、手を当てている人がいるので、真似して手をかざした。
すると何かを感じてしまった。
パワーストーンなのだろうか。

そして風宮へ。

P6150058.jpg

次に土宮へ。

P6150061.jpg

最後に多賀宮へ。

P6150063.jpg

P6150062.jpg

お宮はそれぞれ同じような造りである。

しかし他の神宮・神社と比べると、神社ビジネスと行ってもいい、おみくじが外宮にはない。
後に気がつくが、内宮など、他のお社にも御神籤がない。
そのためか、御神籤を結びつける木々の枝もないため、さっぱりとしていて、清涼感が漂っているような気がしてくる。
しかし御札や御守りなどは売られている。


外宮を出て、近くの月夜見宮へ。

月夜見宮参道入口
P6150073.jpg

月夜見宮の鳥居
P6150075.jpg

月夜見宮
P6150077.jpg

P6150085.jpg

人がいない。

前回の訪問でも、参拝客がおらず、静かな神域を独り占めさせてもらったが。

月夜見命(尊)、月読命(尊)、ツクヨミノミコトは、天照大御神(あまてらすおおみかみ)の弟神であり、素戔嗚尊(須佐之男命、建速須佐之男命・たけはやすさのお)の兄神である。

古事記や日本書紀によると、アマテラスは天の下を照らす、つまり日を治め、月夜見尊は滄海原(あおのうなばら)または夜を治め、素戔嗚尊には夜の食国(よるのおすくに)または海原を治めるように言われたとされるが、スサノウはそれを嫌い姉と対立するようになってしまう。
なお、これらを三貴神という。

月夜見命は、ある事件で姉神に疎まれたため、日を司る姉神とは、昼と夜故に、会わないことになる。
つまり、「日月分離」の神話である。

弟神のスサノウに関する記述は記紀に豊富に出てくるが、月読命の記述はとても少ない。

月夜見命が外宮の豊受大見神に夜な夜な通うったという話し、月夜見命が男性でも女性でもない存在、などなどの話しを、今回現地で知ることができた。

しかし個人的にはツクヨミノミコトが大好きであり、月が出れば必ず愛で、撮り、月と対話し、満月になると月明かりでどこまでも歩き続けることになるのは何故なのか~?

続く~
スポンサーサイト

| 神社 | 14:31 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

伊勢だ~

御正殿の壁はFPの「Il bosco di Ise.」で見た事が有りますね、前回はたしか2010で青春18キップで行きはったんですねe-317
伊勢や三重は私の方が近いのに行った事の無い場所ばかりです、ん~勉強になるわ~ e-454


| 倉治 | 2012/07/06 15:21 | URL |

撮るとこ同じですね

倉治さん

撮る所が同じになりがちですよね。
でも今回はカメラが違います。

紀伊半島は色々と興味深い所がありますよね~
今年はまた行くかもしれません。

なにしろ社のスタイルが北関東とは違うので。

| quita | 2012/07/06 15:40 | URL |

おお~お伊勢さんだ~と思いつつ、昔の神様の名前は長い・・・といつも思っていたりもしています。それにしても、空気がすごい澄んでいるような神々しい感じだなぁ~としみじみです。。

| gilbert | 2012/07/08 21:24 | URL |

神名

gilbertさん

神様の名前を漢字表記で読むこと、そしてその神様の御神徳が分からないと、祝詞を書くことも奏上することも難儀になります。
それで専用の辞書があるんですね~
便利になりました~

| quita | 2012/07/09 09:19 | URL |

お〜!お伊勢さんですなe-68
本家本元、いつかは行きたいと思ってますe-257来年がちょうど良い頃かなと思うのですが。。
ツクヨミさんは、こちらでは男性で知られておりますe-257

| メグラン | 2012/07/12 22:05 | URL |

百聞は一見~

メグランさん

天津神の総本山ですから、国津神・出雲系の私でも感無量でした~
一度は行かないと分かりませんよ!
今回も願い事祈念しなかったです、願い事がありませんので。
ひたすら神々を讃える祝詞を奏上してきました。
ツクヨミっの発音ですね。
タマタマ眺めた説明書きに、中性の可能性、女性の可能性があるとし、外宮通いの逸話を見つけたのです~
普通は男神様ですよね。

| quita | 2012/07/13 10:39 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://quitaviva.blog.fc2.com/tb.php/52-f2a7561a

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。