人生は白い犬(=尾も白い)

人生をあれこれ楽しんでいます。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

光丸山法輪寺-3

光丸山法輪寺(こうまるさんほうりんじ)

再び一の鳥居近くに行く。

P4156532.jpg

P4156533.jpg
鳥居に書かれた「光丸山大権現」の文字を確認する。
神仏習合の痕跡を確認する。


そして、再び大日堂前に立つ。

P4156439.jpg
大日如来を安置する光丸山の本堂だ。

そして建物右手から奥に進む。

すると大日堂すぐ東側に大黒天堂がある。

P4156537.jpg
八溝七福神のうちの光丸大黒天が安置されている。

神仏習合思想の一つである本地垂迹(ほんじすいじゃく)説が頭に浮かぶ。
つまり分かり易く言えば、神様を仏様に読み替えたものである。
大黒天様は大国主命(オオクニヌシノミコト)であり、大国=大黒である。
なお、ちなみに恵比寿様は少彦命(スクナヒコノミコト)であり、ともに、国造りの神、農業神、商業神、医療神などとして信仰されている。

大国主命は様々な別名があるが、天孫降臨で出雲を譲る、いわゆるクニツカミ(国津神)、いわゆる土着の神であり、天孫降臨以前から国土に住んでいた神で、アマツカミ(天津神)に対して称される言葉である。

まあ、エビス・ダイコクは極めて馴染みの神あるいは仏であろう。

大黒堂から奥に進むと、勅額門がある。

P4156456.jpg

さらに進むと、釈迦堂と付属する中の院がある。

P4156464.jpg

P4156465.jpg

釈迦堂は釈迦三尊像を安置する法輪寺の本堂である。
そして中の院は秘仏を納めた御輿が奉安されている。


毎年4月になると早咲きの枝垂れ柳が開花し、大勢の観光客が訪れる。

P4156461西行桜

P4156463.jpg
西行桜-2012年4月15日撮影。

P4156469.jpg

P4156470.jpg

P4156477.jpg

P4156482.jpg


さて、光丸山法輪寺を離れ、周辺を散策してみる。

なにやら祠がある。

P4156498.jpg
屋敷内ではないので、屋敷神のための祠ではないと思う。

さらに近くに別の祠がある。

P4156500.jpg

一帯は田園地帯なので田の神を祭るための祠だろうか。

今回の見聞はこれ位にして、周辺を遠回りして、駐車場に戻ることにする。

セスナが飛んできた。

P4156503.jpg

北に向かう航空機が飛んできた。

P4156507.jpg

P4156508.jpg

最初に訪れた温泉神社の上空を北に飛んで行った。

P4156510.jpg

P4156511.jpg

再び温泉神社に来てしまい、これで大きく一周したことになる。

P4156514.jpg
大黒天の石碑などがある。
神社の前に大黒天であるから、これも神仏習合の名残である。

P4156520.jpg
3.11被災の痕跡がある。

すると社殿奥から猫がやってきた。

P4156515.jpg

P4156517.jpg

P4156518.jpg

そしてどこへともなく、去って行った。

こっちもとっとと去って行こう。

光丸山法輪寺はこれでお仕舞いです。

読んでくださってありがとうございました。
スポンサーサイト

| 神社 | 15:37 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

えびす、大黒さんですか。ちょうど、神社検定の勉強に出て来ている神様方ですわe-51
桜はとても見事ですねe-235

| メグラン | 2012/05/15 21:21 | URL |

渡来神

えびす、大黒さんって馴染みが多いですよね。
しかし恵比寿、蛭子って、カラカミつまり渡来神で、日本でのお仕事が終わってから、再びトツクニに戻っていったとか、小柄だとか、意外と知られていないですよね。
ご神徳は、薬、病気関連ですから、身内で病人が出たらお参りしてください。

| quita | 2012/05/16 11:20 | URL |

見事な桜だなぁ~としみじみしつつ、神仏習合ていままであまり意識したことがなかったけれども、こうやってみると、ああ~あったんだなぁ~と改めて思っていました。。

| gilbert | 2012/05/16 22:55 | URL |

考えたら春と秋ね

gilbertさん

あそこは桜の時期と11月の大祭のときしか人出がないのかな。
あとはお盆の墓参のときでしょうね。
西洋文化ばかり追いかけていて、地元に戻りすんだら、やはり追いかけるのは土地の文化と気がつき、社寺をめぐって、建造物などから神仏習合の面白さを知りました~

| quita | 2012/05/17 13:18 | URL |

勉強になるw~

何時もの如く分かりやすい説明、さすがですねe-271
それぞれの歴史など奥深く進んでいくと興味が湧いてきます。
今後は新しいカメラも加わり素晴らしい写真が見れるので更に楽しみが増えました、けど何時も納得する説明には脱帽ですe-349勉強になるわ~

| 倉治 | 2012/05/20 10:15 | URL |

灯台もと暗し

倉治さま

故郷に戻ってきてから早数年立ちました。
そして日本のこと、故郷のことって考えたら身近すぎるからか知らないことばかり。
土日の暇を利用してあちらこちらを訪れたら色々な知識が付いてきました~

| quita | 2012/05/20 14:37 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://quitaviva.blog.fc2.com/tb.php/44-6ea74fc7

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。