人生は白い犬(=尾も白い)

人生をあれこれ楽しんでいます。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

光丸山法輪寺-2

光丸山法輪寺(こうまるさんほうりんじ)

二の鳥居から、大日堂に戻り、お寺の中を散策してみよう。

P4156437.jpg

道路から近くの、境内にある駐車場に車を置き、最初に大日堂のある場所に入る。


P4156440a.jpg

境内入ってすぐ右手には御水屋がある。
川で清めなくても、今ではこの御水屋で、手や口を清める。
そしてから大日堂に近づく。

P4156444a.jpg

P4156448.jpg

PB030024.jpg


大日堂左には天狗堂がある。
公開は11月2日から4日にかけて執り行われる、大祭の時である。

P4156450.jpg

公開された天狗

PB030020.jpg

PB030023.jpg
市指定有形文化財(彫刻) である。
「高さ2.14メートル、幅1.5メートル、鼻の高さ1.3メートル、重さ1トンで、木製の天狗面としては日本一の大きさといわれています。」市のHPより一部抜粋引用。

こちらには比較的新しい天狗面と奉納絵馬がある。

PB030021.jpg


境内を置くに進む前に、11月に執り行われる、大祭の様子に触れることにする。

御水屋
PB030018.jpg

神仏習合の珍しさもあってか、地元民ばかりではなく、観光客もやってくる。

PB030035.jpg

PB030046.jpg
御神輿を先導するのは、天孫降臨でニニギの尊を先導した猿田彦なのだが、記紀の記述文からすると天狗のような形相とも想像できる。今日のお祭りでは、その想像から作られたお面をかぶって先導する。
今日では猿田彦と天狗が混同されているようだが、それぞれの土地により、猿田彦とする所、天狗とする所があるようだ。
ここでは大天狗のお面で有名なことから、天狗が先導することになっているようだ。
同じ市でも旧町内の神社のお祭りでは、猿田彦が神職とともに御神輿を先導している。


天狗が小神輿を先導し、

PB030049.jpg


僧侶の集団が、御神輿を先導し、

PB030051.jpg


町を練り歩く。

PB030053.jpg
警察官も交通整理で大わらわになる。
そして神社なら僧侶が御神輿を先導することがないから、僧侶に先導される御神輿行列は栃木県では大変珍しい。そのためカメラマンの格好の被写体となる。

天狗役の人は大変だ、転ばないように注意しながら、介添え人にも助けられる。

PB030056.jpg

-3に続く-
スポンサーサイト

| 社寺 | 15:42 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

素晴らしい!

こちらには近くに大和街道、和歌山県北部の紀の川沿いに古くから紀州と大和を結ぶ道として大勢の人々が行き交いました、現在も沢山の文化遺産が残っています、昔は色んな行事も有ったのだろうが、今は行事も少なくなりました、やはり町や村の活性化として今こそ行事を復活してほしいですね、ちなみに高野山では色んな行事が有ります。

| 倉治 | 2012/05/12 15:40 | URL |

行事

倉治さん

故郷が嫌で嫌でたまらなくなり、18歳からの学生生活、その後の社会人生活で、故郷には戻りたくないと思ったけど、なんだかんだあって、実家を壊し、快適な住居を建て、新幹線通勤はじめてもう10数年です。
そしてじっくりと故郷を見てみようと近隣から見聞を広めていきました。
これってエンドレスの知的好奇心探求ですわ。

| quita | 2012/05/12 17:36 | URL |

うわ、天狗のお面すごいですねe-317
それにしても、quitaさん、すごい数写ってますねe-317e-451

| メグラン | 2012/05/14 07:41 | URL |

分かりましたか

メグランさん

今までも単品をそれとなく混ぜてアップしてましたが、今回は団体写真をアップしました(笑)。

高千穂では猿田彦と天狗の区別は当たり前ですか?

| quita | 2012/05/14 10:06 | URL |

高千穂では、天狗説はあまり聞きません。通りに猿田彦の石像がありますが、確かに天狗のようなお顔をされてますね。でも、猿田彦です。
こちらの夜神楽の御神幸行列でも、猿田彦か宮司が先頭を歩きますよe-257

| メグラン | 2012/05/14 11:22 | URL |

天狗伝説はどこかな?

メグランさん

お教えくださりありがとうございます。
そうですよね、猿田彦はクニツカミの代表だし、天狗ではないですよね。
すると天狗伝説ってのはどこかな?
鞍馬天狗ってのもあるから、西国から東国に来たのか、修験道なのか、今度調べてみますね。

| quita | 2012/05/14 13:13 | URL |

天狗のお祭りがあったのですね^^それにしても、ホント、天狗役の人は大変だろうなぁ~と思いつつ、いろんなお祭りがあるんだなぁ~としみじみです。。

| gilbert | 2012/05/14 23:15 | URL |

天狗祭り?

gilbertさん

あっは~、天狗祭りじゃないんですよ。
秋の大祭ですw。

「天狗王国夏まつり」っつうのは、ここの天狗にちなんで、近くの那珂川沿いの公園でやられていますが、行ったことありませんq

天狗役はここでは高下駄の二枚歯ですが、一枚歯のもあるようで、こっちのほうが大変そう。
でもいい年した人が、花魁の道行き見たく歩くのは、ある意味こっけいかもq

| quita | 2012/05/15 14:53 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://quitaviva.blog.fc2.com/tb.php/43-218c58f5

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。