人生は白い犬(=尾も白い)

人生をあれこれ楽しんでいます。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

伝統の屋台祭り

寒さ厳しい中、伝統の屋台祭りが行われました。

例年、4月の第三土日の開催ですが、昨年は3.11のため中止になったため、二年ぶりの開催となりました。
そのためか、朝から祭りの参加者はハイテンションでした。

10時15分出発なのに、9時半過ぎには、旧町内からそれぞれの屋台が集まってきます。
我が家の前も騒乱状態直前です。

P4227380.jpg


出発前に、各町内の屋台と参加者を神職が祓い清めます。

P4227391.jpg

我が町内は、宮前町(神社のある町)、トリは我が町内の山車が動きます。
神職も神事を終えると、着替えて、屋台運行の責任者の一人として活躍します。

祭りの起源は江戸時代、町の神社の例大祭(4月上旬)で、藩のみこしを奉納したことによります。
往時7町内の当番町が引き回したのが起源とも、明治時代の起源ともいわれています。


P4227400.jpg
当番町の屋台が先頭で走り出します。
屋台は旧町内9つで9つあり、中には有形文化財の屋台もあります。

P4227402.jpg

例年、屋台祭のときに桜は散っていますが、今年は開花が遅いため、桜を背景に屋台を撮ることができました。

P4227416.jpg
我が家の前を通る道は奥州道中(奥州街道)で、勢ぞろいした屋台は、交通規制の中、10時15分に出発しますが、最初の難関は市中に至る道路で45度の回転です。
屋台はジャッキで持ち上げられ、力ずくで回転させます。


P4227421.jpg
趣向を凝らした彫り物飾りの屋台がゆっくりと行きます。


P4227429.jpg
しんがりは、我が町内の屋台です。



P4227454.jpg
市中に向かって9台の屋台が動き出しました。

P4227473.jpg

P4227482.jpg

市の交通の要所に屋台が勢ぞろいし、開会式が始まります。

P4227463.jpg
各自治会長はカンカン帽をかぶるのが慣わしになりました。


P4227486.jpg

P4227492.jpg

P4227495.jpg
朝から酒で出来上がっている同級生です。
夜まで元気でいられるといいのですが……。


P4227512.jpg
式典を終えて、各旧町内の屋台はそれぞれの場所に行き、しばし休憩の後、メインストリートに繰り出します。


この間、出来上がった同級生と一緒に、各旧町内の会所(接待所)に出向き、振る舞い酒やら食べ物やらをご馳走になりました。
同級生の飲酒量が心配になったため、酔っ払うわけにもいかず、寒さしのぎの燗酒を二杯飲んだだけで、食べる方に専念しました。


夜のハイライトは、式典を行った十字路に繰り出しての、屋台の‘ブッツケ’です。
’ブッツケ’と言っても、本当にぶつけたら壊れますので、各屋台が接近して、お囃子の饗宴を行い、それにあわせて屋台に乗った若者達が勢い良く踊りだします。

日曜日は午後から小雨になりましたが、雨の中、ブッツケは盛大に行われました。




以下の写真は前日の土曜日、雨のない宵祭のブッツケです。

P4217241.jpg

P4217244.jpg

P4217246.jpg

P4217254.jpg

P4217261.jpg

P4217262.jpg
交差点は騒乱状態、各屋台のお囃子も異なる音色がフュージョンし、皆さん貯まったエネルギーを爆発させるように動きます。



そしてブッツケが終わると、各旧町内の屋台保管所などに引き揚げます。

P4217297.jpg

P4217321.jpg

P4217322.jpg

P4217329.jpg

P4217332.jpg


毎年思いますが、屋台を引く子供の数が町内により増減があります。
それに若者の数も同様です。
町内で見かけない若者がいたので町内の人に尋ねたら、市内の大学生の応援とか。
また休憩時にも見かけない若者がいたので尋ねたら、町内にある消防署の署員で、お手伝いとか。消防署では有志がこの祭りのために半纏も作っているようでした。

そして祭のときにしか顔を見ない人も。

来年も見られるといいのですが~
スポンサーサイト

| 祭り | 16:59 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

凄いよ~

素晴らしいv-237多くの写真と分りやすい説明、そして伝統の屋台祭の歴史説明も加わり思わず見入ってしまいました。

此方も秋祭りはありますが、年々参加者が減ってきてひっそりとした祭です、けれど昔にさかのぼると同じく歴史があると思います。

しっかり未来に伝えていかないと駄目ですねe-441

| 倉治 | 2012/04/24 16:39 | URL |

関が原以降

倉治さま

我が町は関が原以降、改易(転勤)されず、殿様は結構世渡り上手だったと思います。
東北に対する重要な砦的存在で、大砲や弾薬は北に備えて常時十分あったそうです。
しかし鳥羽伏見の戦いの様子を見に行かせて、状況判断し、いち早く西軍に組しました。
その結果、大砲などは幕府軍(東軍)に対して使われました。
皮肉ですね~

| quitaviva | 2012/04/24 16:56 | URL |

桜と山車の光景が、すごいいいなぁ~と思いつつ、夜は夜でまた素敵^^高齢化というか少子化の波が祭りまで来てるのは、わかっていてもやはりショックな部分はあるかもしれないと思いつつ、今後、どやって継承されていくのかな~と思ったりもしてました。

| gilbert | 2012/04/24 23:26 | URL |

少子高齢化

gilbertさま

屋台を所有する旧市街はドーナツ化現象が見られますね。
しかし集合住宅が増えているってことは、旧市街の外側に人口が増えているってことが分かります。
振興地は都市化の影響と祭への無関心があるかもしれませんが、祭に参加したいという人たちもたくさんいるようで、ある旧町内に屋台の無い町内の人が団体参加しているのも見られました。
形を変えて継承されていくんだと思います。
ちなみに、振興地の住民を意識してか、別の祭典が開催されていますよ。

| quita | 2012/04/25 10:07 | URL |

quitaさん、ステキな屋台ですねe-266いいですね、桜も満開でほんとに楽しそうですe-454見てる私まで楽しくなりましたe-446

| メグラン | 2012/04/29 21:21 | URL |

quita様
 久しぶりの訪問です\(^o^)/

夜の桜に屋台と提灯なんとも江戸時代にタイムスリップした様な感じでいいですねv-218

屋台の屋根に女性の方も乗っていますね~勇ましい!!

伝統の屋台祭を、皆で工夫しながら守り続けていて素晴らしいですね。
これからもずっと続けて欲しいです(*^_^*)
 

| mum | 2012/04/29 22:07 | URL |

桜桜

メグランさん

日本列島細長いので、昨日は会津で桜を楽しんできました。
今シーズンの桜遠征は昨日で終了し、これからはツツジですね。
GW後半は、東国三社巡りをしてきます。二度目の巡りですが、三つの神社を線でつなげると、トライアングルになります。
リフレッシュのいい機会で、氣枯れ(穢れ)がちなのでリチャージしてきます~

| quita | 2012/05/01 12:10 | URL |

屋根の上

MUMさん

お久しぶりです。
屋台は囃し方が内部に乗り、屋根には威勢のいいのが乗るようになりました。
町内のベッピンサン(←死語か?)が乗る傾向が多いような気がします。
ちなみに私はまだ屋台に乗ったことがありません。
頼めば乗せてくれるのかな~

| quita | 2012/05/01 12:12 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://quitaviva.blog.fc2.com/tb.php/41-527fa51e

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。