人生は白い犬(=尾も白い)

人生をあれこれ楽しんでいます。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ナンダかんだと二度目のセドナ My second visit to Sedona - その2

日本から直行便がないので、乗り継いでフェニックスに到着し、レンタカーでセドナに向かうのが私的な旅。
パックツアーだと簡便だけど、レンタカーを使った方があちらこちらと気ままに動ける。

今じゃカーナビ装備が当たり前の日本のレンタカーだけど、アメリカではオプションになる。
初めてのセドナ訪問では、「最新式のカーナビ付の車をご用意いたしました」などと、係員に言われたけど、信用したカーナビが、目的地到着前に「目標まで0マイル」を示したと思ったら、今度は数字が増えていくってシロモノだった。
ホテル到着が真夜中になり、翌朝、ホテルスタッフに尋ねたら「セドナではカーナビが使えないことあるんです」だって。

前回にこりてカーナビを頼りにせず、土地勘便りに運転をする。
一度訪問すると土地データが頭にインプットされるという特技に恵まれているもんで。

さて、南からセドナに向かうと、四大ボルテックスの一つ、ベルロックが出てくる。
ボルテックスとは、「渦巻き」を意味するラテン語らしい。
セドナでは大地からエネルギーが渦巻くように出ている場所があり、それをボルテックスと言っているようだ。
転じて、この頃の日本では‘パワースポット’と言われているらしい。

前回のブログで紹介したカテドラルロックは4大ボルテックスの一つだが、フェニックスからセドナに向かうと最初に目に付くのが4大ボルテックスの一つ、ベルロックだ。


南方面から眺めたベルロック
P2053252.jpg

P2053260.jpg
正に Bell(鐘)を思わせる形である。



その右隣にあるコートヤードビュッテ
P2053256.jpg
裁判所(Courthouse)の建物に似た岩山なのでこの名がある。
なお、Butteとは、「小丘」「小山」を意味するフランス語。


ベルロックに登るには、反対側、セドナに近い方から登った方が、駐車場も近いので便利だ。

車を降り、駐車料金を払い、支払い票を車のフロントに見えるように置いて、歩き出す。


ベルロック
P2063739.jpg

P2063748.jpg


ウエディングドレスで歩いている人発見。

P2063742.jpg

P2063750.jpg
式後の記念撮影の地としても人気のようだ。
ホワイトドレスの裾が赤くなるだろうな、などと余計な心配を。


そして、こちら側からは、ベルロックの左側にコートハウスビュッテが見える。

P2063756.jpg

P2063740.jpg


ゆっくりと登れるところまで登っていく。

P2063755.jpg


結構な高さまで登る人がいるが、怪我しないうちに、途中でストップし、腰を降ろして、日本では考えもつかないような眺めを愛でる。

P2063745.jpg

P2063752.jpg

P2063766.jpg

実に雄大な景色だ。

視線を左に動かすと、見知った岩の塊が見えてくる。
カテドラルロックだ。

P2063776.jpg

P2063781.jpg

どうやら、ベルロックは自分には合わないようだ。
カテドラルロックは居心地良いのだが......。

やはり、人伝に聞いた、‘自分に合うボルテックスと合わないボルテックスがある’っていうのは本当のようだ。
最も相性の良いボルテックスは、前回行ったあそこなのかな?


空を眺める。

P2063770.jpg
あれ~、鳥なのか...?

P2063772.jpg
天使なのか~...?
想像逞しくして見ると、白い犬(オモシロイ)!

P2063771.jpg

P2063773.jpg
飛行機が行く。
どこに行くのかどうでもいいが、これをケムトレイル(Chem-Trail)と言って警告している人も居るな。


P2063774.jpg

P2063775.jpg

さて、これからホテルに戻り、シャワーを浴びたら着飾って、ディナーだな。

続く
スポンサーサイト

| 旅行 | 11:07 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ホント、これはリアルでみたら壮大な風景だろうなぁ~としみじみです。それにしても、いろんな形に言われれば見えてくるから面白いwとしみじみ中。。

| gilbert | 2012/03/12 22:21 | URL |

gilbertさん

見えたものそのもので名づけますね。
メサってのは地理用語だったか。
でもスペイン語で机ですからね。
コロラド川ってのは赤く色づいたって西語。
フランス語は少ないけどビュッテがそうだったんですね。
語源関心人間だから、見て聞いて、白い犬ですわ~

| quita | 2012/03/13 09:24 | URL |

いつ見てもキレイな場所ですね。
それに天使の雲もステキv-351v-353v-410
ステキなウエディングドレスがマッチしてますね、同じく汚れが心配ですが。。

| メグラン | 2012/03/13 11:05 | URL |

メグランさん

曇天で色がはっきりしないので、アートフィルター使って撮ったのも混じってます。
しかし、日本で眺める雲と違うので、面白いです。
だんだんと形になって現れる、それを捉えられるのが嬉しいです。
先日、新幹線の車中から、まさに天使の形をした雲があり、急いで携帯で撮ったのですが、何故か、消えていました。
でも瞼にはバッチシ残っているんですよ~

| quita | 2012/03/13 11:30 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://quitaviva.blog.fc2.com/tb.php/33-6be54069

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。