人生は白い犬(=尾も白い)

人生をあれこれ楽しんでいます。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

Pima Air & Space Museum-ピマ航空宇宙博物館訪問-その3

ミュージアムに隣接して、機材解体の施設があります。

無数の機材が放置され、解体を待っているようです。

ミュージアム敷地から大方フェンスはあるのですが、広々とした出入り口には「関係者以外立ち入り禁止」とかかれた看板が一枚あるだけです。
監視人がいないのですが、規則を守って、ミュージアム敷地内から望遠撮影してみました。

見ているとなんだか‘飛行機の墓場’という文言が頭に浮かびました。


P2032670.jpg
無数の機材が放置され、解体を待っているようです。

P2032672.jpg
雨ざらしの放置って、なんだか可愛そうな気がしたりして。

P2032680.jpg


こちらは解体されて運ばれてきた胴体部分ですね。

P2032678.jpg

P2032677.jpg
置き去りにされました。
翼がないと、なんだか可愛そうですね。

P2032703.jpg

P2032697.jpg

P2032698.jpg


北の方から轟音がしたので、列車の通過と推測し、おりから通り過ぎる列車を撮りました。

P2032865.jpg

P2032866.jpg

P2032867.jpg

P2032868.jpg
最後尾には後押し機関車が連結されています。
それにしても、通り過ぎるまで、2分以上かかっていますから、長蛇の編成ってことが分かりますね。


そして、この間、上からの轟音でエアーベースから飛び発つ飛行機の存在も分かり、格好の撮影目標になります。
二機のペアで飛び立ってくるので、一機目をやり過ごして、二機目を狙えばいいってことも徐々に学んできました。

P2032729.jpg
P2032730.jpg
P2032731.jpg
P2032732.jpg
P2032733.jpg



さあ、そろそろ、屋外展示場に戻りましょう。

........後日に続く............
スポンサーサイト

| ミュージアム | 15:14 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私の場合、2機同時に離陸するときは、同時に撮るようにしてましたwただ、1機ずつ行くときは、1機目はやはりやりすごし、2機目にいくかなぁ~でも、あまり考えてとったことないですw

それにしても、飛行機の墓場とはまさにこういう光景なんだろうなぁ~と思いつつ、マニアが見たらなくような感じかもですね。。

| gilbert | 2012/02/22 22:25 | URL |

航の撮り

gilbertさん

鳥も飛行機も、やはり撮り方難しいですよね。
団体で飛んできたのは、ヘリだけしか撮ったことがありません。
今年は航空ショウもねらい目なのかな~

昔、青森県で車両の墓場を見た記憶があります。
青森駅から津軽海峡に向かったスグのところだったか。
見慣れた特急の車両などが、野ざらしで解体を待っているようで、モノの哀れを感じました。
その翌年だったか、次に通過したときは駅弁買っていて、見過ごしましたよ。
形あるものは壊れる~、ですね!

| quitaviva | 2012/02/23 11:08 | URL |

飛行機の墓場はかわいそうですねv-356
私の庭に飾っておきたい感じです。でも、そんなに土地がないしな。。

| メグラン | 2012/02/24 11:00 | URL |

ものの哀れ~

米国の機材以外にもトツクニのがありましたね~
次から次へと引退機材が生じるので、永遠に墓場なんでしょうかね~?

| quita | 2012/02/24 11:29 | URL |

かわいそう・・・

現役で飛んでる姿は華やかですが、引退後の姿は一つの塊ですね、譲ってくれるなら家に置きたいです。
家屋税が必要かな?

| 倉治 | 2012/02/27 20:29 | URL |

単なる鉄くずか?

倉治さん

車の廃車もそうですが、鉄くずのように固まって敷地に置かれていると、もう車といえる存在じゃないんだと、シミジミですよね。
ドライブインなどで、廃棄の機材を飾っている所がありますが、年数経つとこれまた痛んで哀れですね~

| quita | 2012/02/28 09:23 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://quitaviva.blog.fc2.com/tb.php/27-1afaa0a6

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。