人生は白い犬(=尾も白い)

人生をあれこれ楽しんでいます。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

空路の大移動

東に向かっての長距離移動は、西に向かうよりも負担が大きく感じるので、結構大変なものです。
時差に悩まされることは少ないけど、それは体内時計の調整が上手くできるからかな。

瞬間移動って、もしも出来るなら、今ニュウヨクに瞬間移動すると、日付変更線もあるし、前の日になってしまう。
これって過去への移動。
瞬間移動でパリなら8時間前に戻ってしまう。

ニュージーランドの首都ウエリントンなら、3時間先の未来の時間になってしまう。
これって未来への移動。

タイムマシ~ンの原理じゃないけどね~。



今回の目的地には直行便がないため、成田を出てダラス・フォートワースに向かい、乗り換えて目的地に。

テキサスだと中部標準時で、アリゾナだと山岳標準時。
日本から二度も現地時間を変えることに。

成田から利用したトリプルセブン
P2012421.jpg

P2012427.jpg

その他、たくさんの飛行機が停泊していました。

P2012426.jpg

P2012424.jpg


P2012428.jpg


乗り込んでしばらくすると、お食事です。

P1010004.jpg
メニューは配らずに、口頭で乗務員がチョイスをせまります。

くれぐれも、I am chicken とは言わないことですね~
‘臆病’な人は別ですが~


今回は窓側そして非常口近くに座ったため、前は広々としたスペースで、身体は若干楽。

成田からダラス・フォートワースまでは10,332キロ、10時間21分のフライトでした。

時差は日本から-15時間。
到着は日本時間での夜だけど、機内ですでに体内時計は現地時間に調整進行中。
出発地の時間を考えず、到着地の時間を考えるのが、時差調整のコツなのかな。

窓際に座ったけど、室内暗くして眠らせるために窓閉めに。

でも、眠れないので、映画を見ました。
新作旧作合計5本ですわ。

途中でハンバーガーの配給、そして着陸前に朝食(なのか?)の配給でした。

結局チョット寝ただけで現地に到着。

アメリカン専用ターミナルですから、見渡す限りアメリカンの機材が。

P1020006.jpg


入国手続きを済ませて、乗り換え便の搭乗口へと移動です。

ちょっと外に出てみました。

P1020008.jpg

P1020009.jpg

なにしろ、敷地面積で世界中で3番目に広い空港ですから、ターミナル間の移動はSkylink(スカイリンク)と呼ばれる、ターミナル間専用鉄道利用です。

Skylink
P1020012.jpg

P1020021.jpg



ツーソン行きの飛行機出発まで別のターミナルでしばし待ちます。
小腹がすいたので、メキシカン食べていると、ターミナル住み込みの雀がやってきました。

P2022436.jpg

乗客の食べ残しなどをエサにしているようですね。

さて、時間になって搭乗です。
今度はMD80のようですね。

P2022432.jpg

今度は2時間ちょっとのフライトですが、また時差がありますね。

2列通路3列の中型機で、運よく再び窓際に座れたので空撮です。

P2022441.jpg

P2012452.jpg

砂漠が続きますね。

P2012454.jpg

大きな貨物車両基地ですね。

P2022442.jpg

そして現地時間(山岳標準時、日本から遅れること16時間)をテキサスから1時間遅らせます。
ちと、ややこしや~鴨。

第一目的地のツーソンに到着しました。

飛行時間を加算すると、12時間20分。
現地の1日13時は、日本の翌日2日午前5時になります。
この間まどろんだだけで、眠気や疲れが出ていないのが不思議。
まあ、これも慣れでしょうかね。

レンタカー会社カウンタ~に行ったら長蛇の列。
オンラインチェックインやっていても無駄でした~

一月以上前に予約したカローラクラスがないため、カマロとか。
駐車場に行ったら真っ赤なカマロがありました。
でも、2ドアのため、4ドア要求でチェンジです。
すると「タウンカーしかありませんので、同じ料金でそれをご利用ください」だとさ。

?でしたが、駐車場に行ったら、なんとリンカ~ンじゃあ~りませんか。

P1020362.jpg

P1020363.jpg

P1020364.jpg

P1020365.jpg

いい加減で得しました。
ラテン系栃木人としては、こういういい加減さは大歓迎です。

しかし旅の後半の高級ホテルでは、リンカーンで得をすることに。

飛行場ではこのあと、Never Lostというカーナビ設定で、さらに時間がかかり、到着してから3時間弱もいたことになりました。

まあ、この日はホテルに向かうだけ、ゆったり日程ですから、のんびりと過ごしました。



スポンサーサイト

| 旅行 | 11:28 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おお~~リンカーンがどど~んと^^乗り心地はいかがでしたか?
それにしても、すごい移動だったんだなぁ~と思いつつ、やっぱ、アメリカは大きいのだなぁ~としみじみです^^

| gilbert | 2012/02/15 23:57 | URL |

大雑把鴨~

gilbertさん

リンカーンの居住性はいいのですが、ドライバ~側の窓から風音が入ったり(完全に閉まっていない)大雑把なつくりですね。
子供の頃はこれにのってよ~く学校に行きました。
リンカン学校、なんちゃって、失礼しました。

飛行機の大移動の記録は、南回りローマ行き、1時間の乗り換えで、ナイロビに向かったときでした。
24時間超乗っていたのですわ~
まだこれを超える記録はありません~

| quita | 2012/02/16 09:16 | URL |

アメ車は・・・

アメ車を並行輸入した時、消火器を積んで有り何故か日本上陸の時にアウト、一月は足止めでした、爆発物扱いだったのかなv-12
やはり車は日本がトップクラスでしょうねv-448
けど、もう一度は高馬力のでっかいアメ車に乗りたいね~e-456
本題に戻って、正直アメリカに行きたいですe-269

| 倉治 | 2012/02/18 21:30 | URL |

リンカーンだ!いいね〜、アメリカは広くて大きい車を乗り回せますねv-343私は、カマロのトランスフォーマーバージョンに乗りたいですe-419e-420

| メグラン | 2012/02/19 09:57 | URL |

日本車大好き

倉治さん

外国でレンタカ~を借りることは、出張や使用でもしばしばありますが、そんな時は、必ず日本車を借りることにしてます。
昔、乳児ランドでは、現地スタッフ気を聞かせてフォ~ドを手配していましたが、無人地帯を走ることが多かったため、信頼性から途中で日本車に替えたこともありました。

| quitaviva | 2012/02/19 12:03 | URL |

カマロ

メグランさん

カロ~ラがないので、同じ料金でカマロを、となりましたが、駐車場に行ったら大きなそして真っ赤なカマロが~
大きなツ~ドアでしたが、後部座席利用が不便なので返品でした。
そうしたら、カマロよりも大きなリンカ~ン大統領にしてくれました。
手続きのとき、「プレジデント」ってスタッフがつぶやいていたけど、社長さんの乗る車って言いたかったーのかな?

| quitaviva | 2012/02/19 12:06 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://quitaviva.blog.fc2.com/tb.php/24-862e5014

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。