人生は白い犬(=尾も白い)

人生をあれこれ楽しんでいます。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

胃袋日記(メ・ん・)?

2月1日からの米国旅行。

今回も色々食べてきました。

成田から直行便がないので、Dallas/Fortworthで乗換え。

待っている間に、ターミナル内でランチを調達して、Quesadilla(ケサディージャ)を。

P1020022.jpg
$7.99(+Tax)

チーズたっぷりがたまらないけど、メキシコ本国とはちとちがって、濃厚な味にかけてたね。

そしてその日の晩は、ホテル近くのメキシカンファ~ストフ~ドで、Buritoを。

P2022494Carlos Brito
$4.49(+Tax)

このチェ~ン店の名称にverde(=green)が付いているので??と思ったら、ハラペーニョなど緑の激辛唐辛子がたくさんトッピングされている。それが由来なのかな?


ある日の朝食はホテル近くのワッフルのチェーン店で。

P2032507.jpg
$7.20(+Tax)

ワッフルは美味しかったけど、スクランブルエッグは不味いので、ケチャップの勢いで食べました。


そしてこの日のランチは、レストランの選択の余地がないため、博物館内のFlight grillというカフェで。


本日のお薦め‘Tuna’を選びました。

P2032792.jpg
$11.18(+Tax)

博物館の展示資料が滑走路状の屋外にあるため、脱水症状から脱するため、レモネードや水を大量に飲みました。

そして夕方に本隊と合流し、フリ~ウエイ(=ハイウエイ)脇にあるステーキハウスを目指しますが、フリ~ウエイの出口が分からず、あっち行ったりこっち行ったりで、大きな看板をわき目に見るだけ。
ネバー・アライビング・ステーキハウスと命名しました。

出口を模索して郊外の柄の悪いところで、妥協してピッツァを食べることに。
これもチェーン店だけど、当方、リンカ~ンで乗り付けるもんだから、ガードマンはドアを開けて待っていました。

P2022505.jpg
ミディアムサイズ$11.99(+Tax)


こんなファーストフード尽くしは、タワシの好むところではなく、なんとか、ちゃんとしたレストランを探さなければと、必死にあせりまくりでした。
いいレストランで座って、店員にサービスされる食事がしたいと、ホテルなどで情報収集。

口コミランキング8位のレストランが郊外にあるということで、金曜日の夕食はそこで取ることに。
予約の電話を入れると、30分以上待たないと、ということで、今までの食生活を改善しようと、カーナビ設定してレストランに急行しました。
ところが、ホテルの情報とはちがい、30分以上も北上するんですわ。

着いてみると、混雑していて、予約したけどと言っても、1時間は待つとのこと。
仕方がないので、外でうろうろ。
肉を焼いていましたね。

P2032908.jpg

P2032911.jpg

眺めていると、後ろにいる現地人が「今日はあの2オンスのステーキを食べるよ」だって~q
まてよ~、それって1キロ弱もあるんじゃないかな、と、仰天です。
若いときフィレンツェで800gのステーキは食べたけどね~

そして1時間も待たないで、着席です。
待ち時間の読みもアバウトで結構でした。

久々のワインはカルフォルニアのナパもの。

P2032916.jpg
濃厚で美味でした。

メニューは、とオネエチャン・ウエイトレスに尋ねると「私がメニューを言います」と、メニューをしゃべりだします。
1人前が巨大なボリュームは経験則から避けることにして、三人で二人前を注文です。

P2032919.jpg

P2032922.jpg

牛のスペアリブ1人前と牛と豚のミックススペアリブを1人前注文しました。
サラダとパンが付き、ボトルワインで計94ドルでした。
久々に食事した~って感じ~
このBBQソースは絶品で、日本だったら、レストラン特性などと銘打って、販売しているだろうなと、想像したりして。


この夕食の次の日は長距離移動です。
どうせなら、砂漠のマイアミと称される町でのランチをと思いつき、口コミランキング第一位のカフェにカーナビを設定して出発です。

迷うことなく、ソフィスティケイトされた町に到着です。

黒板に書かれた本日のメニュー三品から、迷わずサーモンを選びました。

P2043007.jpg

サーモンたっぷりで、飲み物付き、$9.15。

その後、町をぶらつきますが、自己管理がいい人が多いためか、体格のいい人が前の滞在地よりも圧倒的に少ない。
それにゴミもなく、町が綺麗。
さすがに米国人があこがれる、砂漠のマイアミですわ。

そして甘いものが急にほしくなり、飛び込んだところが混雑している、スイーツ屋。
ジェラートでもいいと思っても、歩きながらアイス食べている人がいない!
さすがに、ソフィスティケイティッドされた町。
それに循環バスは無料とある。
税収がいいんだなと、しみじみ。
こういう町は泊まって楽しいたいなと、しみじみシジミでした。

P2043055.jpg
ここもボリュームあるので、3人で2人前の注文です。
若いウエイトレス・オネエチャンお薦めは、どっぷりと甘そうなので、それを避けての注文でしたが、1週間分の糖分採って、当分は糖分いらない気分になりました。


最終目的地には20時前の到着でした。

そして以前食事した、ビール会社経営のレストランへ。

P2043105Oak Creek Brewery and Grill
ペンネを頼んだら、パン2切れと、チキンソテーが。
サラダかスープを選ぶ際、サラダを選んだので、お腹いっぱいになりました。
食べきれないので、土地の習慣により、ボックスもらってお持ち帰り。
ビール2杯のんで、$50だったか~

翌日はアウトドアのアクティビィティ。
ランチはファ~ストフ~ドで。
お弁当用に注文して、オニイチャン定員と話していたら、なんとサイドメニュ~をおまけしてくれました。
いい加減で、いいね!

夕食は予定していたところが定休日。
町を車でうろうろしていて、勘所を働かせ、某レストランに。

P2053530.jpg
本日のお薦め料理の一品は魚介類の煮込みでした。
サラダとパンが付いて、$24。
連れの連中はパスタを注文するも、ボリュームが多すぎでギブアップ。
でも10ドルでおつりがでてましたね。
ここのオバチャン・ウエイトレスは典型的なアメリカオバチャンで、当方に向かって「Sweety」とか「Honey」とか呼びかけます。
知り合いじゃないのに、心外な呼びかけですけど、アメリカだからショウがないか~?

でも、複数の女性と一緒でも「Guys」などとオネエチャン・ウエイトレスに呼びかけられたり、「Folks」って言われたりするのと比較するとどうなのか。
フォークスって言われて、思わず「皆の衆」って訳すタワシはおかしいのかな?


翌日は滞在最終日。
この日のランチは、前回行って好評だったお店に。

P2063721The Fireside Room at Heartline Cafe
本日のスペシャルは紙袋に書かれています。

P2063722.jpg
ここでも、サラダかスープの選択があります。

P2063725.jpg
お目当てのマス料理。
パンが付いて、$14.95。
前回(2010年)と値段は変わらずでした。


最後の夕食は滞在しているホテルのレストランで。
滞在した町で三本の指に数えられる高級ホテル、そのレストランも評判が高いとのこと。
予約して早めのデナ~を。

2コース、3コース、4コースメニューを選ぶか、シェフのお任せを選ぶかの4つの選択肢でした。
食べ進んでコース変更も可能なことを確認して、とりあえずの夕食です。

まずはアミュ~ズ。

P2060025.jpg

オマールエビのスープ。
P2060027.jpg
ウエイトレス・オネエチャンお薦めの一品で、チョイスがいいと一々「Good choice!」などと発声します。

剃刀貝などのコロッケ。
P2060028.jpg

メインの鹿肉。
P2063830.jpg
照明を極端に落としているので撮影が厳しかったね~q
鹿肉と同じほどのボリュームでライ麦のプディングを添えているので、お腹がいっぱいになりました。


デザートは無理気味なので、遠慮したら、オネエチャンが「You are a honorable guest」とか、なんとか言われて、撮らなければ駄目な羽目に。

で、注文したら、キャンドルつきで運ばれてきました。

P2063835.jpg

なんていうことはない、その数日後の誕生日を祝ってくれたのですわ。

最後まで食事していたのは、我々だけだったけど、他のグループも次から次へと、キャンドル付きでハッピバースデイ歌っていたので、特別な会席で使われるレストランなんだと思いました。

こんな食生活で、1日あたりの摂取エネルギ~もすごいんじゃないかな~q
結果、太っているはず、と思いきや、帰宅した翌日、2キロ弱も減っていました。

健啖かな?
スポンサーサイト

| gourmet | 16:06 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おかえりなさい^-^というか、リンカーンで移動てすごすぎですw
それにしても、どれもこれもおいしそう~と思いながらも、円高の影響か、ものすごい値段がリーズナブルに感じたりしていました。

どれも、かぶりつきたいかもですw

| gilbert | 2012/02/12 18:17 | URL |

凄すぎ・・・

画像は目に焼きつき、文章は食い入るように読みましたaaa
さすが渡航歴200回以上だけに「旅行術」は素晴らしいv-91
一連の料理の出前は駄目かな・・・e-351

| 倉治 | 2012/02/12 19:21 | URL |

おかえりなさい~
待ってました、こんな美味しそうなv-271写真を(^^)
どれも食べたくなりますね
博物館内の‘Tuna’は、パンなの?どんな味なの?教えてください。


| mum | 2012/02/12 21:22 | URL |

quitaさん、お帰りなさいe-454たくさん、美味しいもの食べたみたいですね。私はインフルエンザでダウンしてまして、ようやく熱が下がったとこですわ。quitaさんも気をつけてねv-290

| メグラン | 2012/02/12 21:24 | URL |

WOW!!v-497
どれも美味しそうに撮れていますね~v-352v-352
カメラを持って食事に行っても、つい運ばれて来た料理を早く口に運びたい一心で、写真を撮るのをすっかり忘れちゃいますが、旅行中の食事を全部撮っているなんて素晴らしいv-424v-424
さすがquitavivaさんです!
&Happy Bithdayですv-384v-314v-308

| priloveQ | 2012/02/13 06:41 | URL |

いい加減なレンタカー予約

gilbertさん

1月以上も前に、カローラまたは同等のクラスで予約しましたが、当日都合がつかなかったようで、カマロでいいかい、ときました。
しかしツードアなので変更申し出したら、タウンカー(=リンカーン)にカローラと同一料金でレンタルできた次第ですわ。
得したのかな?

| quitaviva | 2012/02/13 09:45 | URL |

再現は可能かも~

倉治さん

出前は無理ですが、一部は再現が可能なので、いくつかやってみようと思います。

空海?

| quitaviva | 2012/02/13 09:46 | URL |

ツナサンド

MUMさん

博物館で食べたのは、食パンに挟んだツナですから、ツナサンドです。
パンの色が二種類ですが、色のあるのはライ麦パンかな~?
このサンドは簡単に再現できますよね。

| quitaviva | 2012/02/13 09:48 | URL |

お大事に~

メグランさん

初春のアリゾナから室温4度の我が家に帰ったら、水道管破裂で、いまだにお風呂が使えません。
帰国当日、風邪を引きかけましたが、跳ね返しましたよ。
お風呂が使えないので、近所の温泉に行っていますが、外気温が寒すぎるので露天風呂が寒くて、こんなの初めてですわ。

| quitaviva | 2012/02/13 09:53 | URL |

料理撮影

priloveQさん

職場では、摂取するもの(料理)の撮影を薦めています。
食事記録なんですが、これで食生活が分かるし、摂取エネルギーも後々理解できるんです。

今の職場に転職し、デジカメ導入してから、つまり2005年頃から、料理撮影を始めています。
いい資料にもなりますよ~!

| quitaviva | 2012/02/13 09:56 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://quitaviva.blog.fc2.com/tb.php/23-7786559f

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。