人生は白い犬(=尾も白い)

人生をあれこれ楽しんでいます。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

来運神社

(鎮座地)
北海道斜里郡斜里町字来運117


(ご祭神)
不明


三年前、知床を旅した際、ホテルに「来運神社の湧水」というのが目につき、来運にひかれて神社に行ってきた


そして今年10月に知床を再訪した際、同行者の数名が行ったことがないということで、回り道をして行ってきた


近年、”願い事がかなう”とか”密かなパワースポット””縁起がいい”などのネット書き込みがあるので、密かな名所になっているようだ


改めて、色々眺めてきた


この地区は明治32年開墾された際、来運地区と名付けられた。”運が来る”との願いを込めてのことのようだ。


地名は元来アイヌ語で「ライクンナイ」、直訳すると『死者の沢』だという。


駐車場に車を止め、一の鳥居をくぐって奥に進むが、一の鳥居をくぐったところに湧水の汲み場があるため、ポリタンクなどの大型容器をもって水を汲みに来る住民が次から次へと来る

PA149067.jpg



ここは名水の里来運公園であり、英語、中国語、韓国語、ロシア語での案内文字もある。

PA149080.jpg

DSC_1151.jpg

DSC_1150.jpg

PA149081.jpg


湧水は斜里岳(標高1,547m)に積もった雪が数十年の歳月を経て湧き出ていると言われ、その湧出量は毎分5トン、水温は摂氏6度前後という。

PA149083.jpg
PA149082.jpg



二の鳥居をくぐると運水橋があり、「老化につき十分注意」「来運自治会」とある。
神域は自治会の管理なのだろう。
北海道神社本庁のHPで検索しても、本庁にこの神社の記載はない。
地方によくある、自治会が建てた神社なのだろう。

PA149079.jpg
PA149078.jpg
DSC_1147.jpg
DSC_1146.jpg

PA149077.jpg
PA149076.jpg

PA149072.jpg
PA149068.jpg
PA149073.jpg



拝殿脇には絵馬を取り付ける板がある。
絵馬やお守りは神社から約45㎞離れた道の駅うとろ・シリエトクで売られている。


拝殿内部を恐れながら覗いてみたが、ご祭神が分かる記述はなく、「豊年満作」「家内安全」「交通安全」「五穀豊穣」と記された紙が本殿手前の壁に貼られていた。


筆者は残念ながらスピリチュアルな印象は抱かなかったが、氣の流れのパワーは全身で感じることができた
道内に住む同行者の数名はすごく感激していた。

名水と神社の名前から訪れる人が多いので、観光資源になっている。
スポンサーサイト

| 神社 | 16:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://quitaviva.blog.fc2.com/tb.php/148-173b98d5

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。