人生は白い犬(=尾も白い)

人生をあれこれ楽しんでいます。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

最近の飲食事情

昔から厨房に入り、料理をするのがすきでした(^^ゞ

そして最近スマートフォンで始めた料理投稿サイトのSnapDishに投稿を開始してから、投稿者の作品にも感化され、今までと違った料理を作ったり、投稿で知った料理をさいげんしたりと、飲食の楽しみが増えてきた

最近の手料理、外食などで味わったモノを今回は採りあげよう

年末に正月用として買い込んだ食材が消化しきれないでいると、冷蔵庫整理料理が始まる

P1119211.jpg

P1119208.jpg
P1119213.jpg
正月前には、昔そうしていたように、ハムを1本買う
さらに常備の調味料としてベーコン(煮込みなどでいい出汁がでる)を用意して、炒める
皿に並べて上に目玉焼きを乗せ、黒コショウを散らせば、なんとなく御馳走に見える

P1119212.jpg
白ワインにあうスペインチーズの塊も消化できないので、ポテトの上に載せ、オーブンで焼いた(*^_^*)
これは白コショウでないと
P1119219.jpg
スペインの赤とともに
P1119207.jpg



P1189390.jpg
P1189388.jpg
フランス、ブルゴーニュとともに
P1189385.jpg
生ハム3パックセットを消化するため、キュウリに巻いて前菜に
P1189384.jpg
卵黄のみの料理をつくツために余った卵白を多めに入れてスクランブルにし、これまた消化できなかったブロッコリーをまぜる
その時スクランブルエッグようの大きな卵を割ったら
DSC_2564.jpg
双子でした


別の日の料理だが小松菜が消化できないので、茹でて、これまた消化できないで冷蔵庫に存在する無塩バターの塊を使い、ハムを切って軽くソテーしたもの
P1129256.jpg

そして次にSnapDishで受けた料理だ

赤酒と醤油に漬けこんだ卵黄をつかった丼
DSC_2629.jpg
山形から取り寄せたササニシキを使い、丼に入れて、山芋、シラス、海苔などを入れ、中央に卵黄を鎮座
ちょっと漬けこむ時間が長かったのか、固めになっていた

アンチョビとオリーブオイルで漬けこんだ半熟卵のサラダ
DSC_2623.jpg
半熟卵をビニール袋に入れ、アンチョビペーストとオリーブオイルを入れて冷蔵庫に2日ほど鎮座させ、半分に切り分けて巣に見立て、アイスプラント、キュウリなどと盛り合わせた

大技料理にも挑戦した

まずは低温調理法によるローストビーフ
P6067138.jpg
タコ糸で形を整え、岩塩と粗びき黒胡椒を全体に刷り込む。
ブロック肉の一番太い部分を計測し、焼き時間を決める~
肉の直径―焼き時間
4センチー 27分  
5センチー 40分
6センチー 50分
7センチー 60分
8センチー 80分
9センチー 110分
10センチー 130分
オーブンを120度の予熱で暖める。
フライパンに油を入れ、肉の表面全体に焦げ目をつける~
肉を120度設定のオーブンに入れて設定の時間焼く~
焼き上がったら、オーブン内に一時間半放置~
その後、冷蔵庫に入れて一時間から二時間ほど覚ます~o(^o^)o
ゆっくり冷まさないと、切った時に血がにじむので、美しくなくなる
盛り合わせて完成\(^^)/


低温調理法によるハーブ豚のローストポーク
P7300735.jpg
材料は我が町特産のハーブ豚、エサはハーブのみ
低温調理法、パスツライゼーションのやり方は市内の百貨店肉売り場で見つけたレシピで知った(^^ゞ
肉の塊大きさにより加熱温度と加熱時間が異なる(~_~)
たまたま百貨店で見つけたレシピは肉卸会社でいろいろ実験した結果の加熱時間と加熱温度)^o^(
たまたまその会社の方が売り場にいたのでさらに突っ込んで要点を尋ね、ポークとビーフで試した次第!(^^)!
焼く温度は150℃、肉の一番太い部分を計って焼く時間を決める
4.5㎝⇒40分
5㎝⇒45分
6㎝⇒60分
6.5㎝⇒70分
7cm⇒80分

DSC_2304.jpg
DSC_2535.jpg


珍しいフルーツでは栃木の新種、イチゴのスカイベリーだ
DSC_2560.jpg
DSC_2559.jpg
数週間前2箱1パックで3980円で売られていたが、別のスーパーで先週見つけたのが1箱680円
で、買い求めて食べてみた
存在感があり満足感も大


フルーツなどもSnapDishに投稿し、フォロワーも日本ばかりか、インドネシア、韓国、タイ、イタリア、フランスとインターナショナルな飲食交流が増えてきた

スポンサーサイト

| 料理 | 14:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://quitaviva.blog.fc2.com/tb.php/117-54a1466e

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。