人生は白い犬(=尾も白い)

人生をあれこれ楽しんでいます。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

今年訪れた神社(^^ゞ はじめに)^o^(

昨年の6月、『将門記』(しょうもんき)等を題材とした小説を読み、武蔵野国の一の宮と国府の位置が離れていることを知った。

武蔵野国の国府近くにある大國魂神社にとりあえず出向いた
その時のことは下記のブログに記した

武蔵国一ノ宮巡り―その1 (2012.08.13)
http://quitaviva.blog.fc2.com/blog-entry-58.html

その時、初めて購入したのが『御朱印帳』であるのだが、それは一の宮巡りのためのものではなく、諸国総社巡り用のものであった。
大國魂神社は武蔵野国総社なのである
なお、総社、惣社(そうじゃ、そうしゃ、すべやしろ)とは、平安時代のころ、特定地域内の神社の祭神を集めて祀った(= 合祀)神社のことであるが、推定神社や境内摂末社など、不確定の要素は多い('_')

初めて買った御朱印帳
DSC_2164.jpg

大國魂神社の御朱印
DSC_2165.jpg


西洋美術から日本美術に切り替え、その中で仏教美術は確立しているが、神道に関する美術はどうなっているのかと気付いたことが、神社巡りのきっかけであったのだが、後に神道美術というのは仏教美術の範疇における神仏習合美術であると気付くことになった(@_@)

まずは居住地近隣の神社巡りから始め、歴史的美術的な有名神社などを巡り、デジカメで記録をとっていった

寺院巡りの際の「御朱印受付」などはしばしば目にしたが、当初は神社でもこれがあるとは気が付かなかった
社務所で資料として『御由緒書』をいただくことはあるが、御朱印も集めてみたらいい記念になると思い、昨年6月に始めた次第だ
これはスタンプラリー的で、結構面白いし、記念になる


年の瀬を迎え、今年廻った神社を、御朱印帳を見ながら書いて行きたい

続く(^^)/~~~
スポンサーサイト

| 神社 | 16:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

その昔々 (^_^;)

エキスポ70に行った時にパビリオンのスタンプを押して集めた覚えが有るわ、幼少の頃でした、エキスポ70に行ったと言うと歳は・・・e-263

御朱印帳と比べたら駄目だよね、行った記念とは別物だもんねe-420

| 倉治 | 2013/12/09 16:35 | URL |

Re: その昔々 (^_^;)

倉治さん

ご朱印帳は昔からあったようですね。
代参(代わりに参拝すること)の証拠とかお土産にしたそうですね。
帳を忘れたとき、持っていない人は、あとで帳にはるように一枚のペラでいただけますよ(^_^)/~

| quitaviva | 2013/12/09 16:43 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://quitaviva.blog.fc2.com/tb.php/110-68a2837b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。