人生は白い犬(=尾も白い)

人生をあれこれ楽しんでいます。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

こんなの食べてきました~トルコ・スペインの旅~

親族の結婚式アテンドでスペインに行くことに
目的地が北西部のガリシア地方のため、直行便がなく、イスタンブル経由で行きました


まずは1日目

DSC_0914.jpg

ランチタイムのフライトなので、まずは機内食

ランチの前のスナックです
P8262439.jpg
ヘーゼルナッツが超美味い

そして二種類のメインの中からチキンを選択
P8262454.jpg
P8262464.jpg
塩とコショウの小さな入れ物が
しかしサラダ用のオリーブオイルを添えるのが忘れられていた

そしてデザート
P8262468.jpg
P8262467.jpg

今回はEconomyをグレードアップしてComfort Economyに
座席もゆったりだし、食事もいい、愛娘の情報収集力のおかげです

P8262427.jpg

およそ12時間のフライトで、到着前にもう一度食事が

P8262481.jpg
P8262483.jpg

到着後は空港近くのホテルに移動

部屋に入ってしばらくすると小腹が空いたので、ホテル隣りの飲食施設で軽食を

P8262499.jpg

ピタを頼んだら、これが超巨大、一人分とは思えない
P8262501.jpg




2日目

最近の宿泊施設はほとんどどこでも人件費対策なのかビュッフェが多い
DSC_0927.jpg

食べ過ぎないように少量で調整
DSC_0928.jpg
チーズのバリエーションがあったけど、どれもしょっぱかったな


スペイン北部のサンティアゴ・デ・コンポステラには、9時発のフライトで現時時間12時45分着のおよそ4時間超の空の旅
P8272513.jpg

朝食とも昼食とも言いがたい機内食が供されました
P8272506.jpg

Parador Hostal dos Reis Catolicos(パラドル・オスタル・ドス・レジェス・カトリコス)泊
P8282724.jpg
1499年に王立病院として巡礼者等を受入れた宿泊施設
世界遺産の大聖堂の前に位置

荷物を部屋に入れてから新郎新婦のご招待で午餐に出かけました
当地はランチが一番ヘビーな食事、しかも15時頃に食します

P8272578.jpg
Pazoってガリシア語が分からないのでたずねたら「宮殿」の意味
となると「アルタミラの宮殿」という名のレストランですわ

お品書き
P8272579.jpg

バーカウンター
P8282831.jpg
ガリシア地方の陶器が美しい


ガリシアのパンは大きい
DSC_0945.jpg
P8272563.jpg


前菜は少しずつ色々と

まずは Atún(アトゥン=鮪)です
P8272567.jpg


Navajas(ナバハス)=マテ貝
P8272573.jpg
navaja(ナバハ)は「ナイフ」を意味するけど、アメリカ先住民族のナバハ族ってのはナイフを良く使ったのでその名がついたとアリゾナで他の先住民族に教えてもらいました

フライドポテト
P8272570.jpg
スペイン語だとPatatas fritas(パタタス・フリタス)だけど、ガリシア語だとPatacas fritas(パタカス・フリタス)だって
ガリシアには四度目の訪問だけどスペイン語が当たり前のように通じるのでガリシア語は覚えるチャンスがない
後で知ったけど、学校ではガリシア語(国語)とスペイン語(標準語)を学ぶとか

Pulpo(プルポ)
P8272572.jpg
タコはここガリシアの名物のひとつ
やわらかくてとても美味
今まで食べていた日本のタコってなんだったんだろう

Ternera(テルヌラ)
P8272577.jpg
ガリシア名物子牛肉
巨大なTボーンステーキを親族一同分け合って食べました

デザートは若い人たちに任せて、私はSolo(=Single)を
P8272585.jpg
スペインではブラックコーヒーをカフェソロ(コーヒーだけの意味)と言い、更に略して「ソロ」と言います。
文字通り、!Yo stoy solo!だもんね



この後町を散策しホテルへ

そして寝る前に小腹が空いたのでBar(バル)へ

P8272668.jpg
Angulas(アングーラス=ウナギの稚魚)が高騰して庶民では口に出来なくなりました
代用品がでてきましたが、安いけどアングーラスの味には及びません

Tapas(タパス)
P8272671.jpg
P8272673.jpg
P8272674.jpg
P8272675.jpg
地酒Ribeiro(リベイロ)が超美味くて、ほぼ毎日飲んでました

P8272677.jpg
P8272679.jpg
DSC_0961.jpg
様々なタパスがならんでいますので、言葉が出来なくても、指差しコミュニケーションで、食べたいものが食べられます

DSC_0962.jpg
赤もいいね

こうして二日目はおしまいになりました

三日目に続く
スポンサーサイト

| gourmet | 18:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

異次元だ〰

いやはや・・・国内しか知らない私にとっては何もかもが異次元世界、タコとエビが無性に食べたくなったよe-456

旅客機の中での魚キングは? 通路を行ったり来たりして達成しましたか?

外国旅行未体験の私にとっては目の毒ですね、日帰りならOKなんだけどなぁ、必殺日帰り海外旅行でも行きたいなぁ〰 e-351

| 倉治 | 2013/09/12 19:56 | URL |

え~

お食事、こんなに違ったのね~!
ランチ前のスナック、ヘーゼルナッツの左側にあるの、何?おいしそう!
あと、帰ってきて思ったんだけど、スタバとかでラテに入れてくれるヘーゼルナッツのシロップって、ホントのヘーゼルナッツの香りとは違うような。
それと、トルコもだけど、スペインってアーモンドをそのままは食べない?どこでも見かけなかった気がする。お菓子はあんなにあるのに。

| fumica | 2013/09/13 01:09 | URL | >> EDIT

Re: 異次元だ〰

倉治さん

タコもエビもコレステロール高いよv-12
欧州も奥州も案内しまっせ(^^ゞ
押収はしませんが(p_-)

機内の魚キングは寝ている人の邪魔になりますので、ひたすら座って映画観ていました(^^ゞ
それに歩数計が日本時間だからPCでデータ読み取ると面白いことになります!(^^)!

今では日帰り弾丸海外旅行もありまっせv-19
かつて業務命令で、バンコクまで飛んでいき、乗客おろして、入国も入獄もしないで、とんぼ返りで帰ってきたことがありますv-17
3.11の時のレスキュー出張でも、ホテル滞在5時間だったけど、機内で眠れたもんね(^_^)/~

| quitaviva | 2013/09/13 12:48 | URL |

Re: え~

こんにちは(^^)/

ランチ前のスナックのプレートだけど、サーモンとブドウの葉の漬けたのに何かを巻いたやつ、ギリシアやトルコでオードブルで良く出ます。
イスタンブルで食べなかった?

今は化学抽出でカニ風味やエビ風味など、ナッツの風味もいろいろできるから本物かどうかは結局使っている企業の秘密なんじゃないかな?

言われてみればスペインではヒマワリの種やカカウワテス(Cacahuates=ピーナッツ)はbarでツマミで食べるけどAlmendrasは見たことないね('_')
スペイン語学んでね(^_^)/~

| quitaviva | 2013/09/13 12:57 | URL |

ヤプラック・ラルマス!

ブドウの葉っぱのは、Yaprak Sarmasiだね!
機内食でも出たのね~
トルコ料理は帰ってきてから色々思い出したよ。。。

スペイン語、教科書買ったよ~
続くかしらね?

翌日以降のupも楽しみにしています!

| ふみか | 2013/09/13 22:09 | URL | >> EDIT

Re: ヤプラック・ラルマス!

詰め物はコメだけとか挽き肉だとかバリエーションがありますね(^^ゞ
トルコよりもギリシアのほうがヨ~ケ行ったので、ギリシア料理として覚えているのが多いよ~
ケバブもね!(^^)!

スペイン語は発音が簡単だけど、動詞の活用形でメゲル時期が必ずあるけど、めげずに頑張って(^^)/
アホ、バカ、ドアホ、など、面白単語から始めると取っ付き安いかも~

今日明日80周年記念事業で出勤です(^_^)/~

| quitaviva | 2013/09/14 09:21 | URL |

こんばんわ^^おかえりなさい~^^そして、ご親戚の方のご結婚、おめでとうございます。。
それにしても、すごい~どれもこれも美味しそうだとなりつつ、やはりワインがよく会うのだろうなぁ~と納得してましたw
フライトの席も、とってもいい座席となりつつ、長時間座るなら、そういうのが一番いいのかもしれないなぁ~としみじみですw

| gilbert | 2013/09/15 23:21 | URL |

帰ってきました(*^。^*)

Gilbertさん

ありがとうございます( ^)o(^ )

22,000円程の料金で往復アップグレードできました。
こういう情報はネットでは見つからず、航空会社に電話して知りました)^o^(
でも航空会社スタッフも人により料金を知らなかったりで、30分以上かかった上にコールバックで料金確立、その後口座振り込みということで一件落着。
しかし指定した座席が当日に替えられるなど、アナログ時代のチェックインでした。

今思うと、やはりガリシア地方はよかったなと(V)o¥o(V)
あの白ワインはどこで買えるのか、ガリシア風オムレツはどうやって作るのかなどと、思い出も、(身も)重いでも(@^^)/~~~

| quitaviva | 2013/09/16 11:49 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://quitaviva.blog.fc2.com/tb.php/101-e0fbd529

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。