人生は白い犬(=尾も白い)

人生をあれこれ楽しんでいます。

<< 2015-08- | ARCHIVE-SELECT | 2015-10- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

幻日を見た(~_~)

9月のカリフォルニア州シャスタ山ツアーで、シャスタ山の五合目をトレッキングしていたら幻日を見ることができた

P9109022.jpg
P9109023.jpg
P9109028.jpg

雲に彩がついているので、この手は彩雲というのだと思っていて、ある投稿サイトに『彩雲』としてアップしたら“幻日”(げんじつ)というのだと指摘された(・へ・)

で、あためて調べてみると、「太陽と同じ高度の太陽から離れた位置に光が見える大気光学現象のことである。なお、月に対して同じような光が見える場合もあり、この場合は幻月 (げんげつ) と呼ばれる」とあった

この英語訳が結構面白い
parhelion
sun dog
sundog
bright spot on either side of the sun caused by refraction of sunlight through ice crystals in the atmosphere)


そして昨年夏、筆者の書斎から南方向に現れたのが“彩雲”であり、過去に採りあげたことがある

彩雲
P8029210.jpg

「彩雲(さいうん)は、太陽の近くを通りかかった雲が、緑や赤に彩られる現象である。英語ではiridescent cloudsと呼ぶ。
瑞雲(ずいうん)、慶雲(けいうん)、景雲(けいうん)、紫雲(しうん)などともいう」。

記紀(『古事記』『日本書紀』)でもしばしば登場する吉兆の一つであるが、筆者は昨年から、彩雲や幻日をしばしば見ている

見た日と同日に「見た」と話したら、「見ていない」「気が付かなかった」などという人ばかりだ
人は空を見上げることなく一日を過ごしているのだろうか

今日は久々に秋晴れのいい天気で朝から長距離魚キングで汗を流したが、今朝の空の状況だと彩雲が眺められるのではと期待した

しかし結果は


さてカリフォルニア州北部に位置するコニーデ型の休火山シャスタ山は、カスケード山脈の中ではマウントレーニアに次ぐ標高第2位、4,300mっほど

シャスタ山は世界7大聖山の一つと言われる世界でも有数のパワースポット

世界7大聖山とは、日本の富士山、世界最高峰のエベレスト、エジプトのシナイ山、タンザニア・ケニアにまたがるキリマンジャロ、ペルーのマチュピチュ、アメリカのセドナ、そして、マウント・シャスタと言われる

シャスタ山
P9109014.jpg

2千数百メートルのところまで車で行くことができ、この日はパンサーメドウズ(シャスタ山中腹2316m)まで車で行き、そこから下るようにトレイルを歩いた
P9109013.jpg

P9109019.jpg

そして歩き出して少したって幻日に気が付いたのだ

単なる気象現象の一つとは言え、記紀にある吉祥あるいは瑞相(ずいそう)だからしてなんだか嬉しくなる

しかし度重なる吉祥あるいは瑞相の目撃は何かいいことがある兆候なのであろうか、まだ空からのメッセージは的確には受けていない気がするが

P9109029.jpg
P9109040.jpg

P9129275.jpg
スポンサーサイト

| 天体撮影 | 16:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。