人生は白い犬(=尾も白い)

人生をあれこれ楽しんでいます。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

戦争と言う狂気(・。・;

7月中旬、日本航空が羽田空港からホーチミンへの便を就航させたことにともない、格安ツアーが売り出され、それに便乗して行ってきた
今回で231回目の渡航になるが、記録によると、ベトナムには1973年7月に立ち寄っている
その時はエールフランスの南まわり便で、当時のサイゴン空港にトランジットで立ち寄っただけなのだが、通例のトランジットとは違い、空港ビル待合室には入らず、機内待機をさせられ、窓から外を見ると兵隊さんがライフルを持って飛行機を取り囲んでいる状況を確認した

おりしもベトナム戦争末期、1960年12月に始まった南北ベトナムによる戦争は1975年4月30日のサイゴン陥落で終結した
だから戦争終結およそ2年前に空港だけであるが、立ち寄ったことになる

羽田空港を午前1時25分に飛び立った日本航空機は、およそ5時間後、現地時間の午前5時にタンソンニャット国際空港に到着した
時差は2時間、日本時間よりも2時間遅れる


タンソンニャット国際空港
P7159098.jpg
P7159109.jpg

今回は主たる目的もなかったが、町の散策で町の概要を知り、市場で食生活を垣間見、そしてミュージアムをいくつか訪れることにした

まずはベトナム歴史博物館(Bao Tang Lich Su)へ

ベトナム歴史博物館
P7138869.jpg
P7138870.jpg
P7138871.jpg

その国の概要を知るのに、ミュージアム(博物館または美術館)は必見だ

昼の閉館時間が迫っていたため大急ぎで眺め、レユアン通りを再び市中に向かって歩くと、航空機や戦車などの展示物のある建物に気が付いた
日曜日と言うこともあって、建物一角では結婚式が行われていた

建物のベトナム語表記がわからなかったので、どのような施設であるかは帰国して知った、Ho Chi Minh City University of Social Sciences and Humanitiesとあるので、ホーチミン市社会科学人文大学とでも訳せるだろうか~
そのキャンパスの一角に置かれているのがベトナム戦争の遺物である




ホーチミン市社会科学人文大学
P7138874.jpg
P7138872.jpg
P7138873.jpg


そして結婚式の参列者だろうか、戦争の遺物を背景に記念撮影をしている一般市民も

P7138876.jpg
P7138877.jpg

あのおぞましい経験を忘れてはいけないということでの遺物の展示だろう


さらに通りを市中に向かって歩いていると、高い塀と厳重な警備の建物が目に付いた
US Consulateとあるから、米国総領事館だ
ここでまた記憶のフラッシュバックなのか、ベトナム戦争終末期にこの建物から米軍ヘリが避難民を乗せと飛び立つ光景、一般市民が避難しようと総領事館敷地に入ろうと必死で動いているシーンなどが脳裏に浮かんできた

こうしてホーチミン(旧サイゴン)の町を歩いていると、戦争の痕跡が私の脳裏に突然浮かんでくることが分かった、そして私が見聞きしたことは、アメリカ寄りの報道に偏っていたのではないかとの疑問も当然のことながら思い込むようになった


ここでランチタイムになったので、大型商業施設のフードコートでランチを採ることにして、午後はいよいよ戦争に関する展示資料があるというミュージアムに行くことにした



戦争証跡博物館(WAR REMNANTS MUSEUM)

P7138933.jpg

博物館に近づくにつれ、敷地内に飾られた、往時の戦車や航空機などが目に飛び込んでくる
15000ドン、およそ75円の入場料を払い、展示室に向かう
室内は写真資料による展示が主流で、順路は左回りだ
最上階にある展示室フロアに向かい、左回りに資料を見学しながら階下展示室に向かい、最後に敷地内の展示資料を見ることにした

P7138909.jpg

国内外の観光客が熱心にそして寡黙に資料を見ている

ミュージアム評論家を自称する筆者だが、すぐに資料撮影をする気にはならなくなってしまった

かつて宗教美術の展示資料を眺めていて、聖像のあまりの迫力に涙したことがあるが、その時と同じではなく、あまりにも生々しい写真資料に心の底から驚いてしまったのだ

人間はこんなにも残酷になれるだろうか、戦争と言う大義のもとに
言葉も出ず、メモ資料もとれなくなった

そして日本で報道されたので見知った写真もちらほらあるが、まったく報道されていない、日本のマスメディアに採り上げられていない写真も見られて驚愕した

米軍の大型機が撃墜され破片になって地上数十メートルところをストップモーションのようにスティールカメラで撮られた写真~
ソンミ村の虐殺の写真~
市中で短銃による銃殺の瞬間の写真~
子供をかばいながら川を泳ぐお母さんの写真~
ナパーム弾を浴びて裸で逃げ惑う少女の写真~
枯葉剤で緑がなくなった樹林の写真~
枯葉剤の影響で奇形になった人々、赤ちゃんの写真、そして胎児のホルマリン漬け~
枯葉剤の影響を受けた米軍、帰国した元兵士、その兵士の子供や孫の写真~
日本人カメラマンの銃弾を受けたカメラ~
などなど

すでに見たことのある写真もあるが、多くは初めてみるものだ!
ネット検索で「戦争証拠博物館」で検索すると、それらの写真が見られるが、私には、あまりのことに撮ることができなかった

展示資料を眺め、最後の展示資料室から出てくると、売店のようなところから音楽が聞こえてきた
演者をなにげなくながめると、枯葉剤の影響と思われる様相の若者が音楽を演じていた、両目がなく、鼻も小さな容貌だった
ベトナム戦争が終わって39年も経つというのに、今日でも枯葉剤の影響を受けた人たちがいる




敷地内で航空機などを撮っていると、Tiger Cages、虎の檻という展示施設の入り口の存在に気が付いた
P7138928.jpg

虎の檻といえば、ランボー映画だったか、ベトナム戦争を題材にした映画で見知ったことがあるので、中に入ってみることにした

P7138927.jpg

ここは写真資料と、捕虜の収容状態を人形モデルなどで見せるている

そして拷問の凄さを写真で見せてくれる、つまり拷問された囚人が生還した後の指先、つま先、エックス線写真による骨の形状などをだ

そして、虎の檻
P7138926.jpg
P7138925.jpg
動きを拘束されたうえ、狭いむき出しの有刺鉄線の檻に囚人を閉じ込めたのだ

さらに死刑執行台、ギロチン
P7138924.jpg

自分がこのような状況に置かれたとしたら、閉所恐怖症故に、確実に神経がやられたと思う
では逆に被拘束者となったら............

感情を入れることなしに、この場にいることはできなかった

虎の檻を離れ、敷地内の航空機などを何も考えずに撮ることにした

P7138910.jpg
P7138912.jpg
P7138921.jpg
P7138943.jpg
P7138937.jpg
P7138938.jpg
P7138942.jpg

しかし人はなぜ戦争と言う大義で人殺しをするのであろうか

そして当事者になったら、私は、あなたは、いったいどうするのか
スポンサーサイト

| 旅行 | 11:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ナンダかんだと二度目のセドナ My second visit to Sedona - その5 アリゾナシリーズ最終回

今まで書いてきた四大ボルテックス以外にも様々なボルテックスがある。
小規模、中規模、大規模、そして有名、無名のものだ。

今回は無名ながら、私の最も和めるところを書いてみる。

概して、信憑性、正確性を維持するため、資料やHPなどで間違いがないか確認・検証しながら書くのだが、今回書くところはHPでは情報が拾えないし、観光局でもらった地図には書いていない。そして、最後の手段のGoogle Earthで眺めても、地名記述がない。
さらに投稿写真も殆どないのだから、確認のしようがない。


さて、ある朝、リンカーンを走らせて、市の東に向かう。
地図にはSchnebly Hill Roadとある。
「この先悪路」と注意書きがあり、4輪駆動のジープツアーの目的地でもある。

途中から砂利道になるため、いくらレンタカーでも、悪路を走ったら、どうなるか分からないので、目的地はるか手前の駐車場に車を止め、そこから砂利道を歩き、そしてブッシュ内に入り、獣道のようなところを歩いていく。


PB205712.jpg
棘に刺さると、上着から下着まで貫通して、肌に突き刺さることがあるので要注意だ。

PB205713.jpg
服に着くと、着色して落としにくくなる。

そして足元に注意しながら登っていくと、視界が広がる所がある。
しかし行き成り押し入ってはいけないと、自分では理解し、身を清め、立ち入ることの許可をもらうような気持ちでお祈りをする。
お祈りを済ませた後に、静かに立ち入った。

PB205717.jpg

PB205718.jpg

PB205723.jpg
広々としたところだ。

誰が言ったか知らないけれど、UFOが離着陸するところだそうだ。

この場所は偶然に訪れた訳ではなく、土地の案内人に特別に連れて行ってもらったところだ。
前回2010年と今回2012年の2度の訪問で、早朝だったり、昼前だったり、夕方だったり、夜だったりと、結構足を踏み入れている。
その理由ははっきり分からないが、人が居らず、心身ともに和めるところであるのか、自然にお呼ばれして行っているのか確かではない。

この広々としたところから、今回は更に奥深く登っていく。

P2063607.jpg

P2063598.jpg

市中アップタウン方向の眺め
P2063610.jpg

見あげると獣の頭のような岩がある。

P2063614.jpg

そして遠望し.......、

P2063620.jpg

ズームで眺め.......、

P2063622.jpg

色々と眺める。

P2063623.jpg


P2063624.jpg


見あげると飛行機雲が..........。

P2063599.jpg

P2063606.jpg

P2063615.jpg

P2063626.jpg

P2063627.jpg

P2063628.jpg

P2063629.jpg

P2063636.jpg

空も賑やかだ。


見あげるとシーニックフライト(遊覧飛行)らしきものも。

P2063631.jpg

P2063638.jpg

そして鳥も自然に飛んでいる。

P2063632.jpg

不思議な形の石があった。

PB226083.jpg
PB226086.jpg
いずれも2010年撮影


2012年には壊れていた。
P2063630.jpg



別の日の朝にも行った。

PB226069.jpg

PB226073.jpg

PB226077.jpg




別の日の夜にも行った。

PB195351.jpg

PB195352.jpg

PB195362.jpg

PB195367.jpg

懐中電灯と頭につけたライトを頼りに行ってみたが、UFOとの遭遇はなかった。
当たり前か~?


なんだか時の過ぎるのを忘れてしまいそうだ。
でも飽きが来ない、居心地がすこぶるいいのだ。
何故か本人は分からない。

でも長居をすると、聖域を汚すようなので、後ろ髪惹かれる思いで、この地を後にした。


車を止めたところに再び徒歩で戻り、別の居心地のよい場所に出向く。

ここは駐車場もトイレもあり、Google Earthに投降写真も比較的あるので、名の知れたところなのであろう。
しかし地名が定かではない。
市の観光局からもらった地図に地名がないし、Google Earthにも地名表記がない。
手書きメモにMunds Wagon Trailとあり、Google Earthの投稿写真にはMunds Mountainとあるから、トレイルの入口なのだろう。


P2063657.jpg

P2063656.jpg

すり鉢上のボルテックスで、底に落ちないように気をつけて歩く。

P2063651.jpg

P2063650.jpg

割れ目が複数あり、それに向かうように立つと、なにやら割れ目からエネルギーを感じる。
同行者の中には何も感じない人もいるが.......。
どうやらここが私にあったところのようだ。

P2063654.jpg

2010年の最初の訪問の際、右肩の具合が悪く、腕があげられず、リックも背負わせてもらったのだが、この地を訪れ、車に戻りながら、肩が軽くなったのを感じたことがある。
さらに、リックを自分で何気なく背負った私を見て、同行者が「肩の調子がいいみたい」と驚いた様子。
気がつくと、肩の痛みがなくなっていた。
その旅行前までは、肩の治療に整骨院に通院していたのだが、帰国後、整骨院の先生にそのことを話し、腕をあげたら、驚いていた。
そして「ありえる.....」と一言。

今回も両腕をあげて、エネルギーをチャージ(?)してきた。

P2063647.jpg


アリゾナシリーズは、これでおしまいです。
読んでくださった方に感謝いたします。

| 旅行 | 14:18 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ナンダかんだと二度目のセドナ My second visit to Sedona - その4

カテドラルロック、ベルロック、エアポートメサに並ぶ4大ボルテックスに、ボイトンキャニオン(Boynton Canyon)にあるボルテックスがある。
これはセドナ市中から北西方向に位置する。

例によって、パーキングエリアに車を止めたら、駐車料金を払って、フロントグラスに駐車券を見えるように置いておく。

若干の登り道だが、道に迷うことはない。

鉄分の多い台地
PB195159.jpg
白地の服に着いたら落ちにくい。

サボテン
PB195157.jpg

PB195172.jpg
ブッシュ状にサボテンがあり、気をつけないと衣服の中まで突き刺さってくる。

PB195167.jpg


道には、要所要所に道しるべがある。

PB195177.jpg

PB195178.jpg

しばらく歩くと、目的地が見えてくる。

P2063659.jpg

P2063714.jpg

P2063713.jpg


もうすぐ目的地だ。

P2063706.jpg
左側がノール(knoll)、右側がカチーナウーマン(Kachina Woman)で「精霊の女性」という意味だそうな。
ノールは男性性を、カチーナウーマンは文字通り女性性を表すと言われている。

P2063717.jpg

P2063686.jpg
ノールの上に男性が登っている。

カチーナウーマン
P2063670.jpg

P2063675.jpg


ノール
P2063700.jpg

P2063667.jpg
ノールのてっぺんに座り、笛を吹く人がいる。

P2063687.jpg

P2063689.jpg

ボルテックス(vortex)とは、ラテン語で「渦巻き」を意味するラテン語のようだが、樹木を見ると、莫大な量のエネルギーが渦を描くように発散され、その結果、ねじれるように育っているのが分かる。

男性性と女性性の中間地点が一番エネルギーがいいところ、などと言う人がいる。

そしてその付近で瞑想する人もいる。

P2063678.jpg


見あげると飛行機が。

P2063696.jpg

P2063697.jpg

P2063703.jpg


他のボルテックスに比べ、自分的には居心地がいい。
そしてカチーナウーマン側の方が、さらに居心地良く感じられる。
でも、次に行く、名もないあの場所の方が、最も自分的には居心地がいいところだろう。


-続く-

| 旅行 | 14:05 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ナンダかんだと二度目のセドナ My second visit to Sedona - その3

四大ボルテックスのうち、市中に一番近いのが空港近くにある、エアポートメサだ。
メサ(Mesa)とはスペイン語で、「机」を意味し、遠くから眺めると、テーブルのような形状に見える。
しかしエアポートメサは、あまり机状には見えないが......。

メサ頂上へ
PB195266.jpg
ちょっと険しい所も。
登り道はいろいろあるけど、人の少ないこの道選んだ。

PB195297.jpg
気を抜くと、サボテンの茨の歓迎を受けることになる。

PB195269.jpg
メサの頂上には、近所の人が犬を連れて散歩していた。

PB195288.jpg
高所恐怖症のため、メサの端に立つにはかなりの勇気がいる。

PB195287.jpg


北東の眺め
PB195259.jpg

PB195301.jpg
空港が近くにあるので、頭上を小型飛行機が飛ぶ。

東南の眺め

PB195283.jpg
右奥にベルロックやコートハウスビュッテなどが見られる。
道路はフェニックス方面に至る。

PB195278.jpg

PB195284.jpg

PB195285.jpg

西の眺め

PB195263.jpg

PB195274.jpg

PB195277.jpg

PB195282.jpg
右のほうにコーヒーポットと称される岩の塊が見える。

PB195291.jpg
向こう側の岩の上にも人が登っている。



ここは夕日が眺められる名所で、休日は特にだが、時刻が近づくと、車を止める場所もなくなる。


日が暮れてきた。

PB205795.jpg

PB205802.jpg

PB205803.jpg

PB205799.jpg
空港に至る道路も、暗くなってほとんど見えなくなった。

PB205807.jpg

PB205809.jpg

PB205812.jpg

PB205815.jpg
ベルロックがぼんやりと見える。

P2053518.jpg
町の明かりも目立ってきた。

P2053526.jpg

P2053528.jpg
フェニックスに戻るにはあの道だな。

P2053520.jpg
月も出てきた。

P2053522.jpg
もうすぐ、血の騒ぐ満月だ


-続く-

| 旅行 | 14:27 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ナンダかんだと二度目のセドナ My second visit to Sedona - その2

日本から直行便がないので、乗り継いでフェニックスに到着し、レンタカーでセドナに向かうのが私的な旅。
パックツアーだと簡便だけど、レンタカーを使った方があちらこちらと気ままに動ける。

今じゃカーナビ装備が当たり前の日本のレンタカーだけど、アメリカではオプションになる。
初めてのセドナ訪問では、「最新式のカーナビ付の車をご用意いたしました」などと、係員に言われたけど、信用したカーナビが、目的地到着前に「目標まで0マイル」を示したと思ったら、今度は数字が増えていくってシロモノだった。
ホテル到着が真夜中になり、翌朝、ホテルスタッフに尋ねたら「セドナではカーナビが使えないことあるんです」だって。

前回にこりてカーナビを頼りにせず、土地勘便りに運転をする。
一度訪問すると土地データが頭にインプットされるという特技に恵まれているもんで。

さて、南からセドナに向かうと、四大ボルテックスの一つ、ベルロックが出てくる。
ボルテックスとは、「渦巻き」を意味するラテン語らしい。
セドナでは大地からエネルギーが渦巻くように出ている場所があり、それをボルテックスと言っているようだ。
転じて、この頃の日本では‘パワースポット’と言われているらしい。

前回のブログで紹介したカテドラルロックは4大ボルテックスの一つだが、フェニックスからセドナに向かうと最初に目に付くのが4大ボルテックスの一つ、ベルロックだ。


南方面から眺めたベルロック
P2053252.jpg

P2053260.jpg
正に Bell(鐘)を思わせる形である。



その右隣にあるコートヤードビュッテ
P2053256.jpg
裁判所(Courthouse)の建物に似た岩山なのでこの名がある。
なお、Butteとは、「小丘」「小山」を意味するフランス語。


ベルロックに登るには、反対側、セドナに近い方から登った方が、駐車場も近いので便利だ。

車を降り、駐車料金を払い、支払い票を車のフロントに見えるように置いて、歩き出す。


ベルロック
P2063739.jpg

P2063748.jpg


ウエディングドレスで歩いている人発見。

P2063742.jpg

P2063750.jpg
式後の記念撮影の地としても人気のようだ。
ホワイトドレスの裾が赤くなるだろうな、などと余計な心配を。


そして、こちら側からは、ベルロックの左側にコートハウスビュッテが見える。

P2063756.jpg

P2063740.jpg


ゆっくりと登れるところまで登っていく。

P2063755.jpg


結構な高さまで登る人がいるが、怪我しないうちに、途中でストップし、腰を降ろして、日本では考えもつかないような眺めを愛でる。

P2063745.jpg

P2063752.jpg

P2063766.jpg

実に雄大な景色だ。

視線を左に動かすと、見知った岩の塊が見えてくる。
カテドラルロックだ。

P2063776.jpg

P2063781.jpg

どうやら、ベルロックは自分には合わないようだ。
カテドラルロックは居心地良いのだが......。

やはり、人伝に聞いた、‘自分に合うボルテックスと合わないボルテックスがある’っていうのは本当のようだ。
最も相性の良いボルテックスは、前回行ったあそこなのかな?


空を眺める。

P2063770.jpg
あれ~、鳥なのか...?

P2063772.jpg
天使なのか~...?
想像逞しくして見ると、白い犬(オモシロイ)!

P2063771.jpg

P2063773.jpg
飛行機が行く。
どこに行くのかどうでもいいが、これをケムトレイル(Chem-Trail)と言って警告している人も居るな。


P2063774.jpg

P2063775.jpg

さて、これからホテルに戻り、シャワーを浴びたら着飾って、ディナーだな。

続く

| 旅行 | 11:07 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。